山行記録の検索
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
登山技術講座

[山行日]  平成30年4月15日(日)

[ルート]  烏帽子岩山(ナメラ岩〜アイゼン尾根)

[参加者]  M本・K田・A部・K川・F川(途中離脱)

 

本年度、第1回目の登山技術講座は天応での岩トレ

ゴールデンウィーク前とあってアイゼン歩行・ロープワーク等の技術訓練となりました。

前日に降った雨は止み、スッキリと晴れ渡り視界は良好、新芽が美しい。

山歩きが楽しい季節の到来ですね。

 

瀬戸内の春

 

雨上がりの新緑と岩

 

装備を整え、行って来ます

 

 

天応の春の花達

 

 

 

posted by: chiharu | 登山技術講座 | 14:24 | comments(0) | - |-
雪山訓練

[山行日] 平成30年3月31日(土)

[ルート] 伯耆大山(元谷〜上宝珠〜ユートピア小屋ピストン)

[参加者] M本・F川

 

ゴールデンウイークの残雪期アルプス遠征を前にもう一度訓練をしておきたい。

という事で大山へ行って来ました。

このところのポカポカ陽気で雪が残っているのか?

1週間前に右脹脛の筋肉に軽い肉離れをおこし治りきっていない。

不安要素いっぱいでの山行でした。

 

足の事を考慮し、元谷から上宝珠へのルートへ

ゴトゴトと音を立てて落石が頻発し緊張の中を進む。

上宝珠手前への雪壁で尾根まで残り5m位の所で足変え中

右足の踏ん張りがきかず、5m程度スリップ。

滑落するのか?停止しなければ!と体制を整える前にアイゼンで停止。

危ういところで助かった。

上りかえして尾根にたどりつくと指先が暫く震えていた。

(急斜面でのピッケルの使い方が出来ていなかったと指摘して頂いた)

怖さに耐え、予定通りユートピア小屋まで行くと絶景が待っていた。

落石を避けながら安全な所まで下ると猛烈に喉が渇いていた。

 

今シーズンは遭難に遭遇したり大雪で行けなかったりと

大山との相性が悪かったけど、雪山の怖さを教えてもらった。

大山に感謝!

 

美しい北壁

 

三鈷峰方面

 

上宝珠の尾根道

 

勝間ケルン

 

三鈷峰

 

ユートピア小屋から飛行機雲

 

ユートピア小屋から…行きたかったなぁこの稜線

 

ユートピア小屋から北壁

 

日向ぼっこ中

 

 

posted by: chiharu | 中国の山 | 21:54 | comments(0) | - |-
裏山散歩

[山行日] 平成30年3月17日(土)

[ルート] 権現山・阿武山

[参加者] F川

 

3月に入ってブログの更新がないなぁ。

大山に行きそびれた私、

天気が良いので「県連ニュース」にも記載した近所のお山へお散歩して来ました。

 

なんて良い眺め!

 

毘沙門天の狛犬でなくドラえもん失礼!狛寅さん

 

春の陽射しに花も喜ぶ

 

歴史のお勉強

 

ここからはついで…

 

市内某所に咲くユキワリイチゲ

 

近所の梅

posted by: chiharu | 里山 | 09:14 | comments(0) | - |-
臨時で雪山山行

[山行日] 平成30年2月25日(日)

[ルート] 恐羅漢山

[参加者] K田・T部・S宅・M好・T中・F川・O藤

 

予定されていた雪山定例山行(吉和冠山)は残念ながら中止となったが、

是非とも雪山に行きたい!という事での臨時企画(さすが運営委員長)。

曇天だけど、風もなく寒くない。視界も良好。

雪山歩行に雪洞堀り…雪山技術をマスターしつつも

和気あいあいと楽しい山行でした。

 

青空ではないけれど綺麗だね〜

 

 

牛小屋高原駐車場からスタート

 

ワカン歩行はどうかな?

 

積雪はこの位ですよ

 

雪洞を少しだけ掘って入ってみました…キッ、キツイ〜

 

下りはやっぱり滑らんとねぇ…両手を挙げたらポイントアップ

 

もうすぐ春

 

雪山いいねぇ

 

posted by: chiharu | 中国の山 | 21:03 | comments(0) | - |-
島旅ふたたび〜笠岡諸島

[山行日] 平成30年2月17日(土)

[ルート] 笠岡諸島(大飛島・六島)

[参加者] F川・安佐岳友クラブ他(6名)

 

昨年の今頃、笠岡諸島へ一泊で4島巡る島旅を行いましたが、

安佐岳友クラブのO藤さんからお誘いを頂き、今回は日帰りで行って来ました。

素敵な景色でしたので、紹介します。

 

<大飛島>

洲港着くと右へ向かい標高151mの山頂を目指す。

野ばらの薮の中を進み地味な三角点で記念撮影。

河津桜の開花にはまだ早かったようで残念でしたが、

次に行く六島を眺めながら、恋人岬を通り洲港に戻って昼食を取りながら

船を待つ。のんびりした時が流れる。

 

美しい海岸線

 

椿の島

 

次に行く六島

 

 

<六島>

六島と言えば水仙の島。

いい香りがして青空と青い海に映える。

手作りのブイネコ達が島のあちらこちらで出迎えてくれる。

所々に設置してある遊具で童心に戻って遊ぶ。

最終便の船で笠岡港に戻る途中に見た夕日はこれまた美しかった。

 

六島灯台

 

小高い丘の上の水仙

 

大石山山頂にも

 

 

ブイネコさん達

 

帰りの船の中からの夕日と笠岡港の夕暮れ

 

のんびり楽しい島旅でした。

 

 

posted by: chiharu | 中国の山 | 20:40 | comments(0) | - |-
登山技術講座

[山行日]  平成30年2月11日〜12日

[ルート]  三瓶山(大山の予定が急遽変更)

[参加者]  M本・K堀・F川・K川・O藤

 

異常に寒い今冬、大雪の嫌な予報の中、予定通り土曜の夜に大山の麓に到着。

翌11日、雪の降る中、大山に向け車を走らせるも、すぐに渋滞に巻き込まれ、天候の回復も期待薄の為、

Uターンし、三瓶山へ向かう事に…

北の原キャンプ場に向かうも冬季閉鎖中。西の原に向かいようやく雪上訓練に。

男三瓶に登る途中の森林で滑落停止などをこなし、翌日山頂へ向かうことして駐車場に戻る。

 

少しだけ青空も見える

 

結構埋まって歩きにくい

 

黙々と歩きます

 

急遽変更で地図もなく、案内板で確認。

 

ちょっぴり癒し

 

滑落停止!             お手本はまかせんさい!

 

たまたまこの日「さんべ志学の雪あかり」なるイベントが開かれていて

時間もある事だし…行ってみる事に

幻想的な景色と美味しい食べ物を楽しみました。

 

 

12日、諸事情により登山中止、帰途につくことになりました。

 

 

posted by: chiharu | 登山技術講座 | 18:57 | comments(0) | - |-