山行記録の検索
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
久しぶりのトレーニング

呉 烏帽子岩山 アイゼン尾根 K.

 

自分は「あえて自粛に専念」というわけではなかったものの、「自粛を選択」した。理由は言うまい。ただ自粛期間途中で心身の異変を感じ、何とか乗りきったものの、体力低下は拒めない。日常レベルの運動の必要性がここまで意識されたのは初めてだったかもしれない。ケガや手術で日常生活を送れないこととは意味が違った。

今回は無理せず、アイゼン尾根での単独トレーニングを計画した。

 

6月7日

その前の週に家族と2ヶ月ぶりに再会し、来週はこども達の友達と遊ぶということで呉に行くことにした。息子から「友達を紹介するから」と言われては行くしかあるまい。こども達にしてみればよく分からないし、考えもしないのだろうけれども、家族が離れて暮らすことが理解できるまでには時間がかかる。それでも呼んでもらえるのは嬉しい!いつも呉に行ったら山に行ってばかりなので息子は今回もあまり期待はしていないらしいが、こども達とも遊びながら自分も山に向かうことにする。

 

朝奥さんと歩いて登山口まで向かい、奥さんはそのままジョギングへ。久しぶりの登山口駐車場に向かうと、ご近所のご婦人とご挨拶をする。「お気をつけて」と言われ、「ありがとうございます」と返事をする。嬉しいものだ。駐車場にはアプローチシューズを履いた二名がいて、「ナメラですか」と尋ねると「はい」との返事。靴紐を縛りなおして出発する。

 

登山道が整備されていたり、導水管のパイプが通っていたり、テープが貼り直されていたりして、こういう間にも山の整備をしていた人たちのまなざしを感じる。アイゼン尾根の分岐に着き、ハーネス・ヘルメットやガチャ類をつけて、本番の体制で臨む。アイゼンつければ頂上まで1時間なので、50分目標に出発する。登山ブーツを久しぶりに履くので足裏が痛むが、すぐに慣れる。順調に進むが、途中途中で息があがる。若干ペースが速いかと思って心拍数を計ると160を越えているので、ペースを落とすことにする。

 

今回は久しぶりだったので、岩を落とさないこと、手のつかみ所・足の置き場所を丁寧に確認すること、勢いで登らないことをテーマにしてあった。こうしてそのことを意識しながら登っていき、体力が落ちていることを自覚すると、これまでの登り方が如何に雑であったのかが分かる。体力あれば体の勢いで重心移動させていたのかと疑問に思いながら登って行く。

 

結局43分で頂上に着いてしまった。頂上でも心拍数は160だった。トレーニングとしては良いのかもしれないが、確実に体力が落ちたことを実感する。下山のためのロープを準備し、5分で下山に掛かる。

途中で懸垂下降の練習もしておくことにしてあった場所で下りすぎてしまったので、登り返して懸垂下降の準備に入る。懸垂下降では「ロープ投げ」大失敗したこともあるから丁寧に確認し、ロープを流してしまわないように気をつける。下を見ると、赤いザックのようなものが見えたが動く気配がないので、花であると理解する。ロープを投げバックアップを取り、下降に入る。セルフビレー取って、ロープの末端を結んで流さないようにして、ロープを回収する。そしてもう一度懸垂下降。

 

特にミスらしいミスもなく、分岐に75分で戻ってきた。90分目標だったので、これも速すぎだ。

これまで手術やケガのあとに思い切って長距離歩行などのトレーニングをしたことがあったが、結局筋痛や関節痛の回復に時間がかかり、結果的に良いリハビリにならなかったことがあった。地道に山に向き合っている人は結局のところ強いのだと感じる。

装備を外していると上から人の声が聞こえてきて、時間も早いからナメラ岩によってみようかと一瞬思うものの、後ろ髪引かれる思いを断ち切って徒歩で戻る。クールダウンしながら帰ってからストレッチ。午後からはこども達の友達と遊ぶことも忘れない。

 

しかし、午後は流石に暑かった。こどもも大人も熱中症には気をつけながら遊ぶが、サッカーに野球、どこに飛んでいくか分からないボールに内心「ひぇー」と叫びながらダッシュする。久しぶりにこども達と思いっきり遊んだ気分に浸る。

 

自宅に戻ると流石に脱水気味だった。水分を取って休憩するが、本当に体力落ちてしまったことを痛感した。

posted by: kussan | 中国の山 | 21:17 | comments(0) | - |-
非常事態宣言解除

[山行日]  R2・5・31(日)

[コース]  極楽寺山(平良コース〜三宅コース)

[参加者]  M本・O原・F川

 

新型コロナウイルスの影響で山登りも自粛が続いていましたが、非常事態宣言解除で登れる事になり一安心ですが、体力的に???

中止となった夏のアルプスへ向けての講座ですが、登山体力を戻すために趣向を変えて再開する事になりました。

お誘いが1週間前とあって、今回の参加者は少数でした。

 

雨がポツポツ落ちる中、平良登山口から登山開始、山頂近くの蛇の池ではスイレンが咲いていました。

ゆっくりするつもりでしたが、ひんやりとした空気で、昼食後すぐに下山開始し、三宅コースに下りました。

今までの様な登山とは変わり、ソーシャルディスタンスを守りつつ、すれ違う人との距離、あいさつも相手の人の事も考慮しなければいけません。マスクやそれに代わる物は装着、またはすぐに装着できる様にしておくことも大切です。

休憩するのも気遣いは必要です。

それでも、雨に濡れて艶を増した緑、靄で幻想的な景色、色とりどりの花…と山の魅力は変わりありませんでした。

 

極楽寺山といえばスイレンですね

 

雨に濡れた緑が美しい。間隔は開けて登りましょう

 

雨の中ならではの幻想的な風景

 

今年は白花が多いのかな?

 

密ですね(笑)

 

かわいい花にも会えました

 

コアジサイに小さなバッタがいましたよ。

 

 

 

posted by: chiharu | 中国の山 | 20:13 | comments(0) | - |-
沢登り

[山行日] R1年8月4日(日)

[ルート] 広高谷

[参加者] M本・O成・F川・K川

 

本年度1回目の沢歩きは雨の為中止となり残念でしたが、

今回は天気に恵まれ、梅雨明け後の日中は猛暑の為、沢登りはとても気持ちの良いものでした。

アップはしていませんが、先週の土日に引き続きの沢登りは、

お盆の北アルプスの沢登りの良いトレーニングにもなりました。

 

入沢します

 

水も緑も綺麗です

 

登攀もへつりもあります

 

どう攻めましょう?

 

終了点ももうすぐ…楽しかったぁ

 

男前でしょ…ゲコッ

 

季節のお花…キツネノカミソリの群生は圧巻。イワタバコもありました。

 

ウツボグサの紫は涼しげで良いですね。ウバユリは良い香りでした。

 

posted by: chiharu | 中国の山 | 22:14 | comments(0) | - |-
雪山の実践登山

[山行日] 平成31年3月23〜24日

[ルート] 23日 大山寺〜元谷〜宝珠尾根〜ユートピア小屋〜振子山〜野田ヶ山〜大休峠避難小屋

     24日 大休峠避難小屋〜中国自然道〜川床〜大山寺

[参加者] M本・K田・F川・O藤

 

野田ヶ山…絵になるお2人が見ている風景は…

 

こんな美しい景色です。

 

今シーズンは雪がとても少ない。大山も例外ではなく、早々にスキー場も閉鎖となり、

スタートした23日早朝は大山寺には積雪は無かったが、チラチラと雪が降り始めていた。

元谷も雪は少なかったが、冷えて締まっていた為、尾根からの落石はなかった。

雪が降る中、上宝珠尾根に取りつく。急斜面を慎重に登る。

尾根に着くとすぐにナイフリッジを通り抜け、ユートピア小屋に向け斜面をトラバース。

確実なアイゼン歩行が要求される。三鈷峰との分岐では雪が強く降り、視界も悪い。

ユートピア小屋で少し休憩し、先を急ぐ。ここからの痩せ尾根はナイフリッジと化していた。

1歩1歩慎重に足場を確認しながら歩く。1歩でも間違えると谷底に落ちる。失敗は許されない。

急傾斜はピックを打ち込み、アイゼンを蹴り込む。

時に木々が邪魔になり更に難しさが増す。

視界が悪く、親指ピークへ続く尾根が分からない。入る尾根を間違えると取り返しがつかない。

一瞬、親指ピークが微かに見えた。進む道は決まった。

それまでの道のりに比べるとロープの張られた親指ピークは簡単に思えた。

ここを越えても安心は出来ない。まだまだナイフリッジは続いた。

野田ヶ山に近付く頃には空が赤く染まりだし、野田ヶ山からの眺めは最高に美しかった。

後は大休峠避難小屋へ行くだけだが、ルートファインディングに苦労した。

その夜は皆疲れ果てたのか、シェラフに入った途端、眠りの世界に落ちて行った。

 

アイゼンを利かせながら斜面を進みます

 

一歩一歩慎重に

 

親指ピークに向かいます

 

翌24日、小屋の外は新たに積もった雪に覆われ登山道はわからない。

歩き易い所を進むので、登山道から外れていく。

テープや標識を探し、時々、GPSで確認しながら、大幅にルートを外さない様に進む。

たまに雪を踏み抜き、ズッポリはまる。

舗装道路に出てようやく安心出来た。

 

川床へ向かっています

 

 

posted by: chiharu | 中国の山 | 22:20 | comments(0) | - |-
大山東尾根を目指すが・・・。

JUGEMテーマ:スポーツ

 

大山東尾根2/9-10 CL K、SL H(他会会員)

 

ゲートをくぐってみると、こりゃダメだと思って、自分は車まで戻ることにした。Hさんはそのままつぼ足で行くと言う。ワカンとスノーシューがあったが、スノーシューを使ってみようと思う。久しぶりに使うことに決めた。3日前の奥大山スキー場のライブカメラではリフト下に土が見えていたので、やはり相当に雪は少ないだろうと思っていたが、思っていた以上の積雪量のようだ。

 

GWに備えて雪上トレーニングを兼ねて大山東尾根登攀を計画した。娘が二日前から熱が出ているが、インフルエンザではなかったのは幸い?か。離れて暮らしているので何もできないから、奥さんも快く?送り出してくれた。

さて今回の山域は自分にとってやや鬼門な場所だ。2013年3月には全く眠ることができずに大山東尾根を登って、吐き気に苦しみ尾根終了点直前で断念。昨年3月の駒鳥小屋でのトレーニングは悲惨そのものだった。さて今回はどうなるのか?

 

先に林道を進むHさんを追いかけるがなかなか追いつかない。林道で既に膝程度まで潜ることもある。スノーシューは快適だ。つぼ足では樹林帯入り口まで1時間近くかかってしまうのではないだろうか。しかし、Hさんは速い。何とか追いつく。

P2090070.JPG

林道を進む。林道で積雪80cmはある。

 

P2090072.JPG

樹林帯に入っていく。

 

さて、駐車場のところから樹林帯に入っていく。はじめは快適だったが、すぐにハプニングが発生する。履いていたスノーシューはゴムバンドで4本で固定するようになっていたが、左足の後ろをまわしてブーツを固定するゴムバンドから切れ始め、右足の同じバンドが切れ、更に左の2つが切れてしまった。それでも何とか使い続けるが、沢を横断して登りでは全く役に立たない。ゴムバンドは数年前にかえたが、やはりもう限界だったのだろう、これ以上切れてしまっては使い物にならないので、つぼ足にかえる。ここからラッセルトレーニングに完全に変更になってしまった。Hさんはラッセルトレーニングしたかったので嬉しそう?な感じだ。

 

P2090073.JPG

樹林帯をラッセルして進む。Hさんは先行してなかなか見えない。

 

これくらいのラッセルは久しぶりだなぁと思いながらも、なかなか進まないので、ゆっくり焦らず行くことを心がける。Hさんのトレースを踏んでもそのままズボッとはまっていく。時折ウエストベルトまで潜る。最悪なのは寝転がってしまった時だ。寝転がったら起き上がるのは大変だ。特に後ろに倒れて寝転がったら、一旦ザックを完全に外さないと起き上がれない。20年ほど前に、奥滋賀スーパー林道をスキーで行った時も最悪だった。新雪に転んでしまうと体ごと雪に埋まって、脱出するだけで15分程度掛かって体力を消耗した。

今回は雪上トレーニングも兼ねていたので、ロープやガチャ類もあるので、久しぶりにザックは24Kg程度になっている。徐々に右肩が痛くなる。多分転倒しそうになった時に右手に持ったストックで体を支えるからだろう。左肩に問題があるので、左肩を無意識に庇っているのかもしれない。首の胸鎖乳突筋や背部の僧帽筋にも問題を抱えているので、ザックがくい込むのも原因だろうと考えながら耐える。

 

Hさんは15時くらいには切り上げようという。雪壁を作ったり整地したりしたら、結構時間がかかるからだという。自分は16時には切り上げてと考えていたが、15時に切り上げるのであれば、何とか雪上トレーニングを少しだけでもできるかと思う。試したかったのは、スノーバーを雪に差し込むのではなく、雪面に溝を掘ってスノーバーを横にして埋める方法だ。これでどれくらいの強度が確保できるかだけでも試してみたかった。

 

登りに入ると、Hさんが200m程前方にいることが見えるようになった。相変わらずズボズボハマりながら進む。午後2時頃になると西風が強くなり、あられ状の雪が吹き付けてくる。

 

P2090076.JPG

尾根に登る。

 

ガスがでて周りの地形判断が難しいが、鳥越峠付近に上がったのだろうか。15時になったが、Hさんのトレースは続いている。そのうちに風が更に強まってきた。Hさんのトレースも消え、所々に見えるだけになってきたが、この尾根を進めばいいだけなので焦らずに進む。進み続けるとHさんが30m程前方に見えた。ザックを降ろして何かをしている。ここで終了するつもりなのだろう。強風が吹き付ける中進む。ところが15m手前になってからHさんまでたどり着けない。一歩踏み出すたびに股まで潜っては脱出の繰り返しだ。この15m進むだけで10分もかかってしまった。羽根田治さんの著書に『単独遭難』というルポルタージュがあるが、とある単独者が厳冬期に尾瀬沼に入って、8時間ラッセルしても100mしか進めなかったことが載っていた。今日は6時間の行動だったが、やはりラッセルは運動強度が高い。

 

強風の中、雪壁を作っているHさんのところまでたどり着き、一息入れてすぐに雪壁作りに入る。そしてテントを張る。テントが飛ばされないようにとりあえずザックを入れる。仕方ない、テントの中は雪だらけだ。ピッケルやストックを使って、フライを張って、テントの中に入り込む。汗をかきすぎて体中がべたべたになってしまった。

 

雪上トレーニングは諦め、とりあえず雪を集めに外に出る。珍しく軽い雪だ!20Lのビニール袋いっぱいにして、テントに戻って食事作りに入る。流石のHさんも脚をさすったり、脚がつりそうになっている。自分も何度もつりそうになった。あとは持ってきた焼酎を分け合って呑んで寝ることにした。

 

しばらくはよく眠ることができたが、足先と大腿部辺りが冷たくて寝付けなくなってしまう。何とかうつらうつらしているところで起床時刻になった。

 

テントの外は新雪がかなり積もっていた。今日は「脱出」がテーマになってしまった。一晩で40cm程積もったようだ。パッキングをするにもいちいち足下が崩れて、なかなかはかどらない。

出発するもののすぐにズボッとはまり込んでしまう。Hさんが先にいく。今日は戻るだけで6時間はかかるかもしれないし、それ以上かかるかもしれない。とにかく「脱出」だ!

 

Hさんのトレースあとを進むが、Hさんが足首辺りのところを自分は膝まで、膝までなら自分は股まで潜り込んでいちいち脱出に苦労する。3m程の登りだけでも足下から崩れていくので15分はかかった。途中バックカントリースキーの二人組にであって話しをする。キリン峠あたりまで行って周回してくるとのことだったが、あっと言う間に戻ってきてシューッと滑り降りてしまっていく。だんだんズボズボハマっては脱出に飽きてきたので、最終手段に出ることにした。途中までストックを使ってバランスを取ってきたが、流石に飽きてきた。高度からしてもうすぐ林道だが、スノーシューを復活させることにした。

右足で使っていたスノーシューにはまだ3本のバンドがついているので、そのうちの1本を左側に移して履くことにした。

 

P2100080.JPG

復活させたスノーシュー

 

昨日4本バンドを残したのはこの最終手段のためだった。殆ど平坦で登りはないので、これでも何とかなるだろう。果たしてその効果は確かだった。不安定ながらも格段にスピードが上がって、待っていてくれたHさんにたどり着く。そして林道に出る。ホッとする。

 

結局車まで戻ったら5時間掛かった。スノーシューなかったらやはり6時間以上掛かっただろう。車の周辺には20cm程の雪が積もっていた。

 

久しぶりのラッセル、終わってみれば充実感で満たされている自分に気がつく!疲れたのは確かだったので、家に帰ってお風呂に入ってから30分ストレッチをして、2坩幣絽困辰紳僚鼎鯡瓩垢戮ビールを飲んだ。

posted by: kussan | 中国の山 | 15:58 | comments(0) | - |-
新年山行

[山行日] 平成31年1月6日

[ルート] 宮島弥山

 

毎年恒例の新年山行、JRは山登りスタイルの人で賑わい、皆さん宮島を目指しました。

午前中は日差しもあり、まずまずの天気で今年最初の山行を楽しみました。

 

宮島山頂は登山者で賑わっていました

 

鳥居が見えますね

 

のんびり登ります

 

雲は多いですが良い景色です

 

冬にお花が見られるのは嬉しいです。

 

宮島と言えば…

posted by: chiharu | 中国の山 | 19:34 | comments(0) | - |-
訓練山行

[山行日]  平成30年12月22日(土)〜23日(日)

[ルート]  三瓶山

[参加者]  M本・F川・K川

 

年末の雪山山行を前に訓練登山に行って来ました。

雪山訓練なのに雪が無い…う〜ん。

しかし、荷物も靴も重く、途中、アイゼントレも取り入れてしっかり訓練しました。

三瓶山は生憎の天気でしたが、日がさすこともあり、

色々な表情を見せてくれました。

 

三瓶山の朝…いい感じ

 

と思ったら各山頂は真っ白

 

いいですねぇ

 

チラリと青空も

 

幻想的な風景も見られました

 

荷が重いのでゆっくりです

 

男三瓶山の激上り…キツイ

 

翌朝…男三瓶山の両側から靄が迫って来ます

 

桜が咲いていました

posted by: chiharu | 中国の山 | 21:42 | comments(0) | - |-
定例山行

[山行日]  平成30年12月2日(日)

[ルート]  右田ヶ岳(塚原コース→天徳寺コース)

[参加者]  K田・D江・T部・T部・S宅・A部・M好・F川・O藤・(現地合流2名)

 

山陽道で九州方面に向かい防府付近でトンネルを抜けると右手に岩だらけのお山が現れる。

見て良し、登って楽しい右田ヶ岳に行って来ました。

人気の山とあって付近の駐車場はどこも満車でしたが、どうにか確保でき、

現地で合流した元会員さんのご案内で塚原コースから上り、

途中から急な岩場を登るグループと緩めなと言ってもそれなりに岩のあるコースに

分かれて山頂を目指しました。

12月なのに暑くて、山頂で吹く風は気持ちよく、すばらしい眺望を楽しみました。

下りは天徳寺コースへ。こちらも急で足元に注意しながら下り、

前岳(石船山)では観音磨崖仏を見ながら、無事に天徳寺へ下山しました。

 

右田ヶ岳山頂

 

途中の紅葉は美しい

 

樹林帯でも暑い

 

上りも下りも急です

 

沢山の磨崖仏があります

 

天徳寺の大イチョウ

 

楽しい山でした。

posted by: chiharu | 中国の山 | 20:23 | comments(0) | - |-
定例山行

[山行日]  平成30年11月18日(日)

[ルート]  猿政山

[参加者]  M本・K田・F川・体験者・安佐岳友クラブ(4名)

 

 

晩秋の猿政山へ行って来ました。

島根県側の可部屋集成館から内尾谷を目指しましたが悪路の為、途中に駐車しての出発。

麓は意外にも紅葉が残っていて、長い長い林道を歩き、

林道終点からは激上り、稜線に出ると今度は薮漕ぎ、

その先は更に激上り、尾根に出るとなだらかになりようやく山頂。

帰りは来た道を戻るので、当然、激下り、そして、長い林道歩きでした。

 

可部屋集成館の紅葉と干柿

 

長い林道歩きの後は激上り

 

そして薮漕ぎ…ついた山頂からの眺望

 

お花が頑張って咲いていた

 

帰りは当然、激下り

 

麓は紅葉が見られた

 

posted by: chiharu | 中国の山 | 20:43 | comments(0) | - |-
個人山行

[山行日] 平成30年11月11日(日)

[ルート] 比婆山・立烏帽子山

[参加者] F川(他6名)

 

1週間後の比婆山は…?

先週に引き続き?の比婆山、すっかり紅葉は終わり冬の訪れを待つばかり

落葉の登山道は日が良く差し青空いっぱいでした。

 

池の段から吾妻山・比婆山

 

スッキリして青空がキレイ

 

それでも僅かに残った紅葉を目一杯写す

 

枯れっ枯れの花           スズメバチの巣…空き家かな?

 

美しかった白樺林は…それでも美しい

 

posted by: chiharu | 中国の山 | 22:05 | comments(0) | - |-