山行記録の検索
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
天応銀座尾根アイゼントレーニング

JUGEMテーマ:スポーツ

 

4/7 K,O(他会),H(他会)

 

GWに計画している山行トレーニングとして,天応銀座尾根のアイゼントレーニングを実施することにした.チムニーをアイゼンで登攀できれば心強い.

Hさんはコンビニが混雑していて,買い物に時間がかかって列車に乗り遅れたと連絡が入る.Oさんは早めに到着する.二人で出発する.アイゼン尾根の分岐でアイゼンに履き替えようとOさんから提案される.ここからアイゼンで銀座尾根まで向かうことにする.

他のパーティーも入っていく.

 

銀座尾根の基部まで来て準備していると,Hさんがやってきた.流石,アイゼンを履いてきた!早速チムニーに取りつく.Hさんはクライミングは本当に久しぶりということで,Oさんがリードすることになった.私がビレイする.核心部に掛かるとさすがに厳しそうだ.アイゼンでの登攀はやはり厳しいなと思う.「ビレイ解除」のかけ声が聞こえてきた.二番手はHさんが行くことになった.スリングを使って登ることにしたが.Hさんはプルージックで登ろうとするがあまりうまく出来ない.「最近はプルージックは使わないですよ.僕は巻き付け結びにしていますが.」というと,「巻き付け結び?プルージック使わんのかい?」,「そうですね,巻き付け結びか,マッシャーが多いですね.」ということで,巻き付け結びは簡単なのでその場で採用となる.「ここは20年は来ていないからなあ」というから,まあトレーニングしておいてよかった.そして最後は私が登る.流石にアイゼン履いていると厳しい.とにかくミス無く登ることができた.

 

岩稜帯を巻いて下降して,基部について振り返りをすることにした.2分間個人で振り返りをして,その後それぞれが振り返ったことを話していく.こうしてシェアリングが終わり,それぞれの課題を皆が共有できた.

そうこうしているうちにOさんのロープワーク講座が始まった.何故プルージックでなくマッシャーや巻き付け結びなのか,懸垂下降での停止方法,マスト,半マスト結びをの基本的な考え方・やり方等等.確かにあらゆる状況に対応できようになることは必要だ.

その間に他パーティーがチムニーに取りついたので,そのままロープワーク講座続行.懸垂で降りてくるかと思ったが降りてくる気配がないまま,もうお昼時になってしまった.昼食を食べていろいろ話をする.

 

Hさんは家庭の事情で昼で切り上げなければならないということなので,これで終わり.今後のトレーニングは,単独で北アルプスのとあるルートにトライするということだった.帰ってきたら雪の様子を知りたいので,連絡してくれるように頼む.

 

さあ,いよいよ2回目.するとOさんが「リードしてみる?」と言うので,即座に「やります!」と返す.そして準備に入っていく.次第に緊張感が高まっていくのを感じる.準備が整い,「じゃあ,行きます」と登攀開始.最初はそれなりに進めたが,核心部に掛かると流石に行き止まる.できるだけ壁に正対した状態で登りたいが,アイゼンのツァッケで登れる感じがしない.チムニーの左右の壁にアイゼンを押しつけて登ることにするが,結局落ちる.うーん,なかなかうまくいかない.ここで作戦を変えて,自分が確実に登れる方法にした.右脚のアイゼンを右手の壁に押しつけ,左肩から肘あたりを左の壁に押しつけて登ることにした.

 

ビレイするOさんと,登攀開始する自分.(写真 Fさん提供)

 

チムニーを登る.(写真 Fさん提供)

 

なんとか中間テラスまで登る.ビレイ解除して,Oさんが登攀開始する.やはりリードすると余裕がなくなる.

 

その後Oさんと一緒にナメラ岩に移動して,クライミングすることにした.5ヶ月ぶりのクライミングだったので,第1ポピュラーにトライすることにする.すると再びOさんから「リードしてみる?」.ここは待ってましたとばかりに,「やります!!」.ついに来た!カムをOさんから借りて,早速ルートに取り付く.あまり無理しないように注意して登ることにした.慎重に時間をかけて登って行く.核心部で下から「カムを使わないと上のリングボルトまで何もないよ.」と声が掛かる.二つ使いたかったが,結局カム一つで核心部を乗り越える.そして中間テラスまで到達.達成感はない,次の用意を慎重に進める.Oさんが登ってきたところで「お見事でした.」とお褒めの言葉をいただくが,かえって恥ずかしい.どうも誉められることになれていないな.

懸垂下降で降りて,無事終了となった.たった3本登っただけだったが,久しぶりに緊張感のあるトライだった.

 

その後こども達と公園で小一時間ほど遊ぶが,背中側がもう既にバリバリに固まってしまった.今夜は筋膜リリースとストレッチだなと思って帰ることにした.

 

その後Oさんからメールが来た.「クライミングから暫らく離れていたのに、昨日は見事でした。登り方には未だ課題がありますが、リードすると決断したことが素晴らしい!私自身も刺激を受けました。」と書かれていた.他者によい影響を与えられる存在であるという部分が嬉しかった.充実した3本だった.

Fさん写真提供ありがとうございました!

 

posted by: kussan | クライミング | 22:14 | comments(0) | - |-
クライミング練習5

山行日:2019年3月16日

場所:広島市安佐南区 窓が山ゲレンデ

メンバー:Y田、呉労山Y本、Y本、K林

 

昨夜からの雨で、Y本さんと早朝電話で相談して駄目元で行ってみることにしました。

窓が山登山口の木々は雪で真っ白になっていました。気温1℃。

でもクライミング装備はもちろん、今回は私の未使用1150mロープも持参。

往路、木々に着いた雪が解けて、小雨のように降ってきました。

岩場に到着、岩は濡れた状態でしたが、日向側は徐々に乾いてきていました。

 

Y本さんがやってみましょうかと言われ、即座にハーネスなどの装備を装着。

11時過ぎからマルチピッチの掛け替えの練習を開始しました。

その後20mほどの壁をトップロープで二度ほどクライミングしました。岩壁の下半分は濡れていて気持ち

悪いスラブでしたが上部は乾いていて、なんとか終了点まで登ることができました。

帰り際にN場さんが単独で練習に来られたので、窓が山その他クライミングよも山話とルート説明を

受けることができました。当初下見だけのつもりでしたが、五感を研ぎ澄ましたクライミングを

楽しむことができました。終わってみれば15時になっていました。

 

 

 

 

 

posted by: tyamad | クライミング | 17:27 | comments(0) | - |-
クライミング練習4

JUGEMテーマ:趣味

山行日:2019年2月24日(日)

場所:東広島市 鎌倉寺山

メンバー:Y田、呉労山 H田、Y本、K下、他9名

今回は東広島市の志和町にある鎌倉寺山。私には初でした。

快晴、もう春なのか、陽が当たる岩壁はちょっと暑いほどで気持ちのいい

クライミング日和。

今回も呉労山に混ぜていただきました。過去最多と思えるほどの12名の

参加でした。女性が9名も参加されていました。クライミングは

こうやってみんなで楽しむのが、良いかと思っています。

クライミングが岩稜歩きの基礎だとよく言われます。私もそうだと思います。

体で覚える、ということです。

ゲレンデは2か所、ルートは5か所でした。

アプローチの岩場歩きが結構長かったのですが気持ちよく歩けました。

途中に’馬の背’という難所があり、大股を広げて腕プッシュと股締め

をしながらじりじりと通過しました(写真)

画像が逆さまになってしまいましたね。まあ仕方ない、ということで。

朝から夕方までたっぷり遊びました。

呉労山の皆さん、いつもお世話になります、ありがとうございます。

 

 

 

posted by: tyamad | クライミング | 18:45 | comments(0) | - |-
クライミング練習3

JUGEMテーマ:趣味

年月日:2019年2月10日 9時〜16時

場所:呉市天応岩山

メンバー:Y田、呉労山:Y本、Y本、H田、K下、Y下、N川

今年初のクライミング練習となりました。昨日と打って変わって快晴。

気温も思ったほど低くなく、クライミング日和でした。

新しく買ったスカルパのアプローチシューズの使い心地は凄く良かったです。

今回私ははいつものルートで簡単なリードとロープ回収をしました。

昼食後、マンメリークラック、ミッキーフェイスに挑戦しました。

年末以来久々の為か、自分のムーブはいまいち。午後にはスタミナ切れ

状態でした。これの克服も課題です。課題が多いですね〜。

今回も7名ほどでわいわいと一日楽しめました。

写真はマンメリークラック。上部の割れ目が核心部です。

 

posted by: tyamad | クライミング | 18:31 | comments(0) | - |-
天応岩山でのクライミング練習 2

2018年12月15日

場所 呉市 天応岩山 なめら岩、ミッキーフェイス

メンバー Y田、呉労山5名と一緒に

 

先週12月8日にクライミングを再開しました。今回も呉労山メンバーと一緒に行動しました。その他の会メンバーも来ていました(会が違うとピリピリ感も違うようですね)。

前回はなめら岩のオウカクルート(グレード5.8)で苦戦、また今回も苦戦しました。前回よりも核心部で50cmほど稼げましたが、まだ成功していません。なめら岩からミッキーフェースへのアプローチ道は、高所恐怖症の自分には相当恐ろしく、尻込みしながら伝い歩きました(かえって危険?)。角ばった普通の登山靴よりも、アプローチシューズの方が小さなスタンスを拾い易いようです。クリスマスプレゼントに自分用に購入しようと思います。ミッキーフェースは、スタンス探し70%、手指30%ということで、足元を見ながら登りました。ここは気持ちよく登れました。呉労山のY本さんにロープの回収方法を教えていただきました。

呉労山の皆さんはいつもニコニコしながらのクライミングですが、9時から16時頃までみっちりです(前回も)。よっぽどクライミングが好きな人達なんだなと思います。そういう人達と共にする時間はとても貴重です。

クライミングで使う筋肉や感覚を芽生えさせるには、いきなりではもう無理な年齢なのか、一日が終わると結構な疲れがあります。帰宅後、ふくらはぎにアンメルツなどをぬりぬりしています。

今年は今回で登り収め。次回は1月に入ってからになるようです。ロープクライミングは基本的に一人だけではできないため複数の仲間が必要です。私はペアでするよりも5名位以上であれこれ話しながらするスタイルが好みです。

 

 

 

posted by: tyamad | クライミング | 09:54 | comments(0) | - |-
天応岩山でのクライミング練習(個人山行)

JUGEMテーマ:趣味

2018年12月8日

場所:広島県呉市 天応岩山

メンバー:Y田、他会6名

今日のY田は何年ぶりかのクライミング。トップロープでの練習をしました。

今年一番の冷え込みの朝、他会メンバーと待ち合わせました。開口一番「こんな寒い日に、皆さん気合い入ってますね〜」(Y田)。「いやいや広島(HWAC)から参加されるというので無理して集まりました」「こたつにはまってミカン食べたかった」

ということで、ちょっと恐縮しました。

しかしゲレンデには我々の他にも約10名ほどが順番に壁に取り付いていました。途中、当会のM本、N司、F川、K堀、K原の各氏とも合流する場面がありました。

壁を見上げながらの、あーでもない、こーでもない、と賑やかなの楽しい一日となりました。また楽しみたいと思います。

画像が寝てしまいましたね。

 

 

posted by: tyamad | クライミング | 19:19 | comments(0) | - |-
天応クライミング練習

JUGEMテーマ:スポーツ

 

CL 大藤(安佐岳友クラブ),楠堀

 

6/3(日)

 

呉の真記の実家に泊まって,2日の午前中は保育園の運動会鑑賞.私の参加は無し.皆ムービー撮るのに夢中の中,保育所のこども達の様子をひたすら見ることにした.もちろん自分のこどもも見ました.みんな人が見ている中で緊張しているのがよく分かる.自分も小学校時代に運動会になるとものすごく緊張して,走っても普段通りに走れかなったことをよく覚えています.足に力が入らない,空回りするような感覚.多分共収縮という状態になっていたのだろうと今では分かりますが,当時は残念な思いだけしか残らなかった.

午後は定例会に参加するものの,かえって子供達がうるさかったようで,でも仕方ないなあと思いつつ,ここはご理解をいただきたいと思います.

 

そして3日は,天応クライミング.7時半頃に墓場駐車場にやってきて,既にアクティブウォームアップはある程度済ませてあるので,肩関節に関わるストレッチをして大藤さんを待っていると,7:41分にやってきた.早い!そのままナメラ岩基部まで15分程度で着く.

 

今日も無理はしないことにして,8時スタート.二人だけなので写真は撮れない.確保点で「ゼロポイント」について説明を受ける.まずは大藤さんにリードで第1ポピュラーを登ってもらって,それに続く.トップロープにして練習をする.まずは前回同様に登る.次は出だしを変えて登る.途中ハイキングの若者らしき人の声が聞こえる.降りてきたところで大藤さんが第1ポピュラーのバリエーションを登ろうという.ルートから左側の斜面の小さなホールドを探しながら登って行く.なるほどと思う.自分の番.下部はやや苦戦するが,「立ち込み」の要領を大藤さんからフィードバックしてもらって,体験する.なるほど.古いハーケンが打ってあるからここもルートだったことが分かる.なかなか面白い.

 

しばし休憩.雑談しながら休憩する.

そして午後は「歯が痛い」に向かう.まずは第2ポピュラーを登って,そこから懸垂で降りて,「歯が痛い」の基部に着く.前回は左足でエッヂに立ちきれなかった.最初はうまくいかないが,なんとか立つところまではできる.が,そこから先右足をおけない.お助けクイックドローを着けてみると,急にうまく立てるようになった.殆ど視界には入っていないのに.左足で立ち込む要領は掴んで,岩面に体を向けることができる様になるが,そこから先右足がやはりおけない.3箇所くらい候補を見つけてはトライするが,右手が安定しないこともあって滑り落ちる.結局15回トライして断念.流石に疲れた.大藤さんありがとうございました.

 

藍はお昼寝してしまったので,結としばらく遊ぶことにした.野球をやりたいというが,本人の投げ方はまあ3歳児レベルかな.それでも本人は楽しいらしい.相撲をして,最後はかけっこ競争して,5時なったので,三次まで戻ることにした.

 

6/9も練習の予定です.

 

やはり最近の困ったこと:真記の実家の近くに住むおばあちゃんが私のことを「あの人はご主人のお父さんですか?」と真記に訊いたそうです.いつでもおじいさん扱いされる楠堀誠司.

 

posted by: kussan | クライミング | 21:45 | comments(0) | - |-
天応岩トレ1
7/18 宮本,大成,楠堀

これも遅いのですが・・・.いつものように天応の岩場です.大型タンカーがゆったり進んでいます.


銀座尾根下部からあがっていきます.少しルートを変えると,私はまったく登れませんでした.しばらくトップロープで練習して,上のあがっていきます.


中央上部チムニーに向かっていきますが,写真中央の末のあたりが意外と難しく,練習のしがいがあるというものです.


今日は上部チムニーを右から巻いて,下降の練習です.


懸垂下降ですが,樹に支点を取ったりしたので,慎重に降ります.

 
posted by: kussan | クライミング | 22:35 | comments(0) | - |-
天応登山技術講座2
天応登山技術講座2

6/21(日)CL 宮本,山本,楠堀,日南(安佐岳友会)

本当は6/19の晩から「スーパーしまなみウォーク24時間」で,尾道〜今治駅まで20時間くらいという企画で,自分と栗原さんが歩いて,日南さんは「ジョグで12時間くらいあれば余裕だろう」ということだったのですが,私の体調不良のため断念.本当は今治まで歩いて,そのまま帰ってきて翌日にこの講座への参加,という目論見でした.

とりあえず,クライミングの類はチョー久しぶりなので,「どこまで能力が落ちていないか確認」みたいに思っていました.
天応の墓場入り口で集合,銀座尾根に向かう.

下部から確保技術の確認をしながらあがっていく.最近では一番クライミングやっている山本さんがリードで進む.でも山本さん,確保少々間違ってしまいましたね,よくあるミスで,下の人が落ちると確保している人がロープの間に挟まってしまって,ニッチモサッチモ状態になってしまう確保ミスでしたね.ここを修正して,ルンゼに向かいます.

日南さん,ようやく到着です.この日も暑くて,そこそこにしておきたいモードがよく分かります.

ここも山本さんがリードであがって,懸垂下降で降りてくる.


ロープのセット


日南さん,足が長くてよく届きます.


宮本さん


自分は,登山靴でどこまで行けるかやってみました.二年前には登山靴でリードで登れましたが,今年は思った以上にできました.バック&フットを駆使して,予想外に登れてしまいました.やはり過去の経験という奴でしょうか.しかーし,パンツとTシャツびりびりに破けてしまいました.しかーも,ここ数日の体調不良で,2度登ったらくたびれてしまいました.

潜水艦が進む.


体力落ちたなあと思いながらナメラ岩の基部に移動して,リクエストでセルフレスキューをこれまたチョー久しぶりにやってみる.
斜めの岩場でクライミングロープがビローンと延びて,全くうまくできませんでした.呉労山の方々も木の枝に掛けてやってみようかという感じでした.

思ったよりもできたなあと思いつつ,この数日で体力落ちて疲れました.今日は軽めにしておかないと,と帰路につきました.夜には日南さんのご機嫌な声が留守電に入っていました.
posted by: kussan | クライミング | 19:20 | comments(0) | - |-
久しぶりのクライミング
JUGEMテーマ:スポーツ

4/6 小林,梅比良,山本,楠堀せ・ま

近頃,あやしい熟年隊 小林・梅比良・山本がクライミングを行っているらしいという噂が,かなり頻繁に聞こえてくる.これは確認しなくてはいけないと,呉天応の岩場で久しぶりのクライミングを行うことにした.この日は,多くの人が岩場に入っていることが分かっていたので,ナメラ岩よりも下の部分で行うことに.どの場所のことだろうかと思っていたら,一度来たことがあるなあと思い出す.早速用意に掛かるも,天候があやしくなってきた.まだ降っていないから,とりあえず準備と思っていたら降り出してきた.梅比良・山本は早くも退却しはじめているらしい.そう思ったら,あっという間に雹が降ってきた.いかん,これは退却だ.

ということで,結局天応は諦めて,クライミングジムCEROに行くことになった.ジムは初めてだ.
近々コンペがあるとかで,天井這う女性とか,なかなかお目にかかれない技を拝見しつつ壁に挑む.

軽業師 小林さん


うめちゃん確保


この日は高校生くらいの生徒がたくさん来ていました.一部スクール生かな,体幹トレーニングなどもしていました.


5.9ならまだいいとして,5.11なんかに挑んでみたものの,どうやって登るのかすらよく分からなかったなあ.股も引き裂かれそうで痛かったなあ.ボルダリングも人気ありました.
posted by: kussan | クライミング | 23:45 | - | - |-