山行記録の検索
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
八ヶ岳<赤岳西壁主稜>2007.2.9〜12      〜事故との遭遇〜
赤岳西壁主稜は赤岳の頂上にダイレクトに突き上げる岩稜で、北峰に抜ける事から北峰リッジとも呼ばれる。岩場と雪壁・ミックス帯などが交互に現れる冬季登攀の登竜門的初級ルート。
この度は県連ネパール遠征訓練での八ヶ岳となる。今や八ヶ岳の岩場は多くのクライマーの理想的ゲレンデとして親しまれているが、自分の中では古い書物の厳しいイメージがそのままに厳冬の八ヶ岳に向かった。 
赤岳西壁主稜
■赤岳西壁主稜ルート(赤点線) 「画像クリックで大きくなります」
<Member>CL 安達(佐伯山の会) 出羽(佐伯山の会) 吉川(現地別行動) 金澤(HWAC) 
<Route>美濃戸〜行者小屋(テント場)〜赤岳西壁主稜〜赤岳〜文三郎道〜テント場〜南沢小滝〜大滝〜美濃戸
<Time>■2/10(土)美濃戸駐(6:15着)〜行者小屋(10:40着)〜主稜取付下見(13:40着)〜テント場(14:30)■2/11(日)起床(5:00)〜主稜取付き(8:00着)〜赤岳(15:00着)〜文三郎道〜テント場(16:30着)■2/12(月)起床(5:00)〜南沢小滝〜大滝(8:30)〜美濃戸駐(9:20着)
<Memory>
美濃戸
前夜発にて美濃戸山荘手前の駐車場に車を捨て南沢を行者小屋へと向かう。
南沢
毎度の事ながら、なだらかな登りとは言え寝不足の身体にボッカはこたえる。個人装備・共同装備・登攀用具・食料の他に夜のお楽しみを担ぎ上げるメンバーのパワーはさすがだ。
行者小屋テント場より
行者小屋にてテント設営。予定の阿弥陀岳北稜は時間により中止、主稜取付きまで下見へと変更となる。
中岳
天気は良く、トレースのある快適な文三郎道をサブザックで登ると中岳・阿弥陀岳・蓼科山等、とても綺麗に見えた。急登となるが、快適な文三郎道の取付きへの下降地点↓より取付きを確認し景色を楽しみながらゆっくりとテン場に戻る。夜は、食担で食通の出羽さんの生野菜を使った豪華ディナーを楽しみ早めの就寝。
文三郎道

翌2/11(日)、弱い寒波の影響か風は少し強く天気は雪。別行動の吉川さんとテン場で別れ、3名で文三郎道より主稜取付きへ向かう。
主稜取付きへトラバース
主稜取付きへのトラバース↑。取付きには数パーティーとソロの男性が確認出来たので、文三郎道より少しトラバースした岩の下で順番待ちにおよそ1時間半。時おりの吹雪で体は冷えきった。ルンゼ上部からオーバー手袋が転がり落ちてきたので回収に行きザックに突っ込む。
取付きにて
↑空いたところでセルフをとるD氏。視界は30〜50m。このルートはピッチの切り方で多少ピッチ数も変わるようだが安定したビレイ点には1〜2個のボルトとスリングがあった。その他は岩角やピナクルにスリングをかけて支点を取った。今回の主稜ではかなり渋滞となり各ピッチ毎に30〜40分の待ち時間があり、さらに後続のパーティーもいた。
1P目・チョックストーン
↑チョックストーンと他パーティー。
1Pチョックストーンチムニー〜凹角状〜コルへ
1P目安達さん。出だしのチョックストーンのチムニー(元蕁砲ら凹角状↑を抜けてコルへ。
1P
さらに少し右上気味に登ったところでひょっこり顔を出し↑「そのまま待て」の指示。上のビレイ点が空くのを待ち、解除のコールで金澤・出羽さんと続く。
2P目安達さん。岩を左から越えてミックスをほぼいっぱい。ここもしばらく時間が空いた。風で声が届き難い。ロープの動きでスタート。ビレイ点はピナクル上のボルトスリング。
ビレイ点

3〜4P金澤。凹状の壁、ミックスから雪稜を行くと上部壁が見えてくるが、ビレイ点は渋滞しているため。手前の丸い岩にスリングを巻いて支点としコール。安達さん出羽さんと合流。安達さんはスノーバーでさらに支点をとる。上部壁の垂壁下まで雪壁を右上し支点を分けてもらいコール。さらに順番待ち。

5P金澤。出だしの垂壁を越え、ミックスを右上気味に20mのあたりでハーケンにランニングを1本とる。少し登ると右上に凹角が見える。ここで再び先行パーティーとの間を登るソロの男性が見えた。ここがこのルートの核心部か(資料と記憶にはハーケンが連打とあったがハーケンは無く、凹角の右の壁にボルトを1つ確認した)安定した体勢が取れないので、クライムダウンし足元の岩角にランニングをとり凹角の4〜5m程下で順番を待つ。
取付き
単独の男性はてこづっているようだったので「大丈夫ですか?」と声をかけた。少しすると男性は「あっ!」と言う声と同時に岩から剥がれ、こちらに向かって背中から宙を舞って落ちて来た。声を出す間もなく岩に身を寄せたが、よける事も受け止める事も出来ず、自分のヘルメットと右肩部分に激突。振り返った時には男性はルンゼを数百メートル滑落して消えて行った。下のビレイ点まで声も届かない。越えた所がビレイ点のはずと思い、慎重に核心に取付くと、先行パーティーの処理されないままのロープが塊となって凹角の出口をふさいだ。苦しい体勢のまま声を掛け、ロープが回収されてからリッジに出る。ビレイ点には先行パーティーのフォロー2名、先々行パーティーのフォロー1名がいた。支点を分けてもらい男性が滑落した事と稜線に抜けたら連絡をと伝えた後、コール。ここも声が届かない。ビレイ中、一瞬ガスと雪が途切れ、取付きへのトレースあたりに先程滑落した男性と同じ色のヤッケを着た人と、そちらに向かう4〜5人の人が動いているのが見えたがはっきり確認はできなかった。
ロープの動きで安達さん、出羽さんと合流し事故を伝える。後続パーティーも追いつく。
上部ミックス状を小凹角まで
上部ミックス状〜小凹角まで。安達さんにロープを渡しリッジからミックスの雪壁、小凹角を抜けてピナクルでロープを解く。雪稜からすぐに稜線に出た所でメンバーの携帯にて連絡。しかし電波が悪く通話は途切れる。トレースの消えた赤岳山頂から文三郎道を一気にかけるように下り行者小屋に駆け込み、事故の報告をした。小屋の人から滑落して自力下山したと言う人がいるので確認して欲しいと言われ、行ってみると先程の男性であった。足を捻挫か骨折したと靴を履いたままテントで休んでいた。「無事でよかった、解りますか?」と聞くと男性は「落ちた時の事はよく覚えていない」と言った。「気を付けて帰ってください」の言葉に無言のまま男性はヘリにピックアップされて行った。
救助ヘリ
その夜は阿弥陀岳方面に出かけていた吉川氏の華麗な調理で再び豪華ディナーとなる。今回の事故は防げなかったのか・・事故に対する対処や行動は間違っていなかったのか・・などと頭をめぐりなかなか寝つけない夜となった。メンバー全員同じ思いであったのではなかろうか。
翌2/12(月)は南沢小滝でアイスクライミングの予定であったが、南沢小滝・大滝の見学のみとし、帰路についた。
大滝
クライマーで賑わう南沢大滝。中地協の行事でお会いした方々もおられ挨拶をかわした。

A/D
<Route Data>赤岳西壁主稜/ピッチ最高グレード検標準タイム3〜5時間(取付き〜赤岳北峰)渋滞がなければ標準タイム以内で十分登攀可能。
<Summary>
主稜はテクニカルな部分は少なく優しいイメージで、コンパクトなルートだった。天候が良ければ山頂に抜ける事のできる気持ちの良いルートだと思う。大滝・小滝など次回のアイスに期待。しかし人気の八ヶ岳とあって特に連休であったためか人が多かった。

※今回の事故との遭遇で、県連留守本部、佐伯山の会、また関係の方にはご心配をおかけ致しました。
<尚、記録は自分の記憶のみによるものです。その他の詳細については不明です>

<報告/HWAC金澤>
posted by: 管理者 | アルパイン | 10:38 | - | - |-