山行記録の検索
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
2008年広島県勤労者山岳連盟<救助隊>冬山捜索救助訓練(十方山)
遭難者
模擬遭難者発見現場

<日時>平成20年1月26日(土)〜27日(日) 
<場所>十方山(瀬戸滝登山口〜)

<広島県連救助隊員参加者>
・広島労山・・・大藤、光下、脇田、田部、茶谷、諏訪、岡崎、竹平、金澤
・佐伯山の会・・・安達、二宮、中井、小田、小林、折見、溝渕
・やまぼうし・・・・
・佐伯FHC ・・・・小形(以上名) 
******************************************************************
◆実施内容◆
広島県連主催の冬山捜索救助訓練が開催されました。26日(土)佐伯山の会パーティー3名が十方山にハイキングに出掛け、下山予定時刻を過ぎても帰らず、連絡が取れない。と言う想定で、同会留守本部より県連救助隊に救助要請があり、同日夜には遭難対策本部を設置、各会の救助隊員への連絡や捜索隊編成、任務や装備などが決められ、翌27日現地本部設置、捜索開始。模擬遭難者役を発見後、搬出用ソリによる雪上搬出訓練を行う。といった流れでした。搬出を終えると現地にて即座に意見交換や反省点など話し合われ、無事に終了しました。
******************************************************************

レスキュー隊
◆捜索に向かう隊員
搬出用ソリの組み立て
◆今回は参加人数により、搬出用ソリ(手作り)は1台。ソリ担当の岡崎氏(広島労山)中心に組み立てる。
雪の中での細かい作業は難しく、工夫や事前準備が役立つ。
救助用ソリ
◆強度や細かいビス。負傷者の固定方法など改良の余地あり。

◆シュラフ・テントシート・ブルーシートなどで包む。負傷している場合、特に足の保温が重要とわかった。
遭難者役
◆模擬遭難者役は佐伯山の会の3名(小林、折見、溝渕)。シュラフに包まれ
搬出用ソリの乗り心地と気分はいかが??今回からヘルメット着用。
搬出訓練
◆前後、左右にロープを固定。各自スリングとカラビナを使って搬出準備完了!
搬出
◆谷あいの傾斜地での搬出。道は細く川も渡る。体験してみると意外な発見がたくさんある。
******************************************************************
こうした救助訓練は救助活動の実働のためだけでなく、普段の自分達の登山をより安全に楽しむための知識や技術交流と安全登山への認識も深まる事を実感しました。ともあれ模擬遭難者役3名は雪山幕営技術講習も含め、前日からの参加、及び各会の救助隊関係者のみなさんは前夜よりご協力ありがとうございました。
******************************************************************

空

※山行計画書の作成・提出をしましょう!未然防止に役立つ場合もあります。
今回も山行計画書を元に捜索、救助活動が行われました。
家族から、また家族への事前連絡や報告、緊急連絡先等。

<報告/金澤>
posted by: 管理者 | 県連の山行 | 06:46 | - | - |-