山行記録の検索
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
四国 天狗塚〜三嶺縦走

********************************************************
【日時】   5月3日(月)〜5日(水)
【コース】  3日―光石登山口 16:15―八丁ヒュッテ17:10
                 4日―八丁ヒュッテ6:30―天狗塚10:28―西熊山13:00―三嶺14:41
                         ―三嶺小屋15:30
                 5日―三嶺小屋5:30―さおりが原9:08―堂床キャンプ場
                         ―光石登山口10:25
【参加者】 CL 久保田 , 山岡(佐伯山の会) , 諏訪
********************************************************

昨年の秋に三嶺〜剣山を縦走した際に気になっていた天狗塚。
今回は高知県側の光石登山口から縦走することにした。

3日 晴れ

7時過ぎに広島を発ち、瀬戸中央自動車道を走り高知へ。
正午には高知市へ到着したため、国宝 高知城へ寄ってみた。



山内家のお屋敷にお邪魔した後、ひたすら土佐中街道を走って登山口へ向かう。



登山口には10台以上は駐車できるスペースあり。
準備を済ませて出発。 

               
 




堂床を過ぎて八丁ヒュッテへ。


今日の宿泊地。
誰もいなくて、貸切でした。
20人は入れそうな無人小屋。


4日  晴れ

静かな樹林の中を沢沿いに歩く。
少々ガレて足場が安定しにくいところもある。



渡渉中のみきちゃん 



ここより先は急登になる。
樹林を抜けて稜線が見えてきたら、あと一息でお亀岩小屋へ到着。



お亀岩小屋から左に進路をとり、数分で稜線へ出る。



稜線に出たところでザックをデポして天狗塚へ向かう。



天狗峠を過ぎて振り返ると三嶺!!
そして、かすんで見える剣山と次郎笈。
昨年はあの距離を一日かけて歩いたなぁ〜、とシミジミ思い出してみる。



天狗塚に到着。
展望良好♪♪
北西に延びている牛ノ背を途中まで歩く。
この辺りはコメツツジがたくさん!
けど、開花はまだまだ先の様子。



展望を楽しんだら、お亀岩の分岐へ戻り昼食。
そして、快適な稜線歩きを楽しみつつ西熊山〜三嶺へ。



三嶺に到着。
中央のとがった山が天狗塚。
歩いてきた縦走路を眺める。
悦に浸る瞬間!




天狗塚をバックに三人で記念撮影。

昨年 来た時にはガスガスで展望ゼロだったので、剣山までの縦走路を動画撮影していたら
久保田さんとみきちゃん 三角点の話で盛り上がっていた。
そういえば、久保田さんの車の中に「剣岳 点の記」のDVDあったなぁ。


山頂で出会ったご夫妻に 「学生さんかと思った」
なんて言われたものだから、
教授と学生たちは疲れを隠してハツラツと小屋へ向かう。

本日は三嶺小屋で。
私たちのパーティーのほか2パーティーと単独1組。
水場は名頃への登山道を結構下ったところにあるらしい。
往復1時間弱もかかる。
学生たち(←まだ言ってる)が小屋でマッタリしている間に
教授がザックに3人のプラティパスを入れて、
7〜8リットルの水を汲んできてくれた。
教授をコキ使うなんて・・・下剋上ですね。 感謝してます♪
せめて1リットル分がBeerなら足取りも軽くなるのにね。



5日 またまた晴れ

日の出の時刻はちょっと曇り気味。
日の入りのような日の出写真が撮れた。



朝食を済ませて下山開始。
さおりが原へと下る。
数年前の水害で登山道が分かりにくくなっていると情報収集していたが、まさに悪路。
足幅ほどの路が崩れそうだったり、落石しそうだったり・・・・。



足元注意!!





ほんとに水害の爪痕はひどい。
ガレガレでどこでも歩けそうなので登山道も見失いやすい。




悪路のためかコースタイムも1時間以上の遅れ。
さおりが原の分岐を過ぎると登山道が整備されつつあって歩きやすくなる。




さおりが原手前にトチの巨木がある。
250年もここの風景を見続けているトチの木。



さおりが原に到着。
バイケイソウ畑かと思うくらいの群生あり。

ここより堂床までは自然美林の中を歩く。




悪路もあったとはいえ、苔むす巨木や自然林に癒され、
終始鳥のさえずりを聞きながらの歩行は気持ちよかった。
久保田さん、みきちゃん お疲れでしたっ♪


光石登山口へ下山し、そそくさとオフロへGO!!




<REPORT & PHOTO   BY SUWA>

posted by: yariho | 四国の山 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://bloghwac.jugem.jp/trackback/935551
トラックバック