山行記録の検索
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
四国 赤石山系縦走
四国 赤石山系縦走(3/22-23)
CL宮本,SL南場(佐伯山の会),栗原,平賀,楠堀

ちょっと季節外れの記事を.

日浦登山口


日浦登山口から出発.別子銅山の名残を感じながら進みます.




雪はこんなものかと思うくらい.天候は良く,比較的快調に進みます.

銅山越にて.快晴のもと,遠く山並みを見て何を思う・・・.


赤石山系方面を眺める.


銅山越を過ぎると,稜線上の灌木に雪がまとわりついていて,その回廊をくぐりながら進む.なかなか趣があっていいものです.


そうこう言っている内に西赤石山山頂.ふたりの女性パーティーが来られていました.


栗原さん,雪景色を眺めて何を思う・・・.


と思っていたら,西赤石後は雪が崩れやすく,陥没してからだが沈んだり,結構疲れてきた.例によって,寝不足もこのあたりから効いてきた,宮本さんは,このあたりからかえって元気になってきた.物住頭のあたりでこれはいかんと思って,10分ほど寝ることにする.この間に宮本さんと南場さんは先に進んでルートを偵察することに.核心部?の前赤石山が待っている・・・.

前赤石山の取り付き付近にて


わずかな時間だが目をつぶっていると楽になった.前進してふたりに追いつく.ところがルートがよく分からないらしい.南場さんは上を探すが,厳しすぎると言って戻ってくる.宮本さんはバンド状に回り込むあたりを探すが,見つからないようだ.地図を出してみると,夏道はもっと手前から,もっと南側(もっと下側)をまいている.そのあたりを見てみると,それらしき道を雪が綺麗に示しているように見える地点が,30~40m下に見える.このことを伝えてもなかなか聞いてもらえないので,仕方なしに降りてみる.途中で切れてしまっているように見えるが,これで間違いないようだ.宮本さんからコールがあって,「ここにありますよー」と答える.結局はこれで正解だった.しばらく進んで休憩する.
帰ってから調べると,前赤石山は稜線上を行くことは可能なのだけれど,今回はバンド状に回り込んで進んだ.

バンド状にルートが付けられている.


この後もバンド状のルートを探すのに苦戦しつつ進む.赤石山荘手前も赤テープを見つけながら慎重に進む.のっぺりとした地形なので,慎重に進む.

やがて赤い屋根の赤石山荘が!


日没前には何とか山荘にたどり着きました.煮込みラーメン,ポテトサラダ菜とを食べて翌日に備えます.宮本さんはもっとのみたかったようですが,皆疲れて早々に就寝.


翌日は,山荘から東にしばらく進み,荷物をデポして軽装で進みます.一旦赤石越に登ってから,八巻山と東赤石山に向かいます.

ここからアイゼン履きましたが,雪が少なく「アイゼントレーニング」になってしまいました.


八巻山での平賀さん


八巻山山頂


東赤石山山頂


権現越の開けた雰囲気が好きだという宮本さん,ということで権現越に向かいます.ところが,今度はアイゼンをはずしたものの,雪が腐って崩れやすく,履いておくべきだったかと後悔する・・・.簡単に陥没して埋まってしまう・・・.結構苦労する.

権現越


権現越で休憩して,床鍋谷を降ります.が,ここもなかなかルートが分かりづらい.じっくり後方から眺めていると,テープが貼ってあることを見つける.私は色弱なので.これまでも日高の沢でも赤テープがほとんど見えないことがあったので,ほかの人に見つけてもらうことにする.

はしごが崩壊していた.一部凍っていて,上がるのは難しい・・・.一瞬4級程度はあるかな.


最後は「木登り名人の話」で盛り上がって,一般道に出ました.




弟地のあたりまでとぼとぼ戻って,その後は南場さんが車を取りに行ってくれました.ありがとうございます.
腐った雪に苦戦しました.春山の洗礼でしょうか.

 
posted by: kussan | 四国の山 | 22:39 | - | - |-