山行記録の検索
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
笹ヶ峰から平家平、大座礼山へ縦走
【期 日】2014720日(日)〜21日(祝・月)

【参加者】H

【地形図】1:25,000地形図 別子銅山、日ノ浦、弟地、土佐小松 

【ルート】

中七番〜一ノ谷越〜笹ヶ峰〜ちち山〜一ノ谷越〜冠山〜平家平〜三ツ森峠〜三ツ森山〜鉄塔広場〜大座礼山〜ブナ巨木〜大田尾越

 

 石鎚山系は本峰からちち山別れを経て赤石、二ツ岳、赤星山へと過去に何度か分けて縦走した。

そのとき見た笹ヶ峰から平家平方面に続く県境尾根はボリュームがあり一度辿ってみたいと思っており、今回出掛けることにする。

四国の夏の縦走は暑くてあまり好きではないが、山頂泊まりとすれば少しでも涼しさを味わえそうだ。

縦走にあたっては入山口、下山口間の移動が問題だ。

交通機関を調べると谷あいには別子山地域バスが運行されており、下山口の大田尾越から筏津バス停までは下り一方なのでこの間を自転車で下ることにする。

大田尾越に夜中に着き仮眠。6:20峠を自転車で約20分下って筏津に着き、自転車をデポし、路線バスで中七番に7:15着。


夜明けの大田尾越からの風景

【行程1日目】行動時間 8時間00 分 天気 曇り時々晴れのちガス

中七番7:20〜林道終点8:159:10ナスビ屋敷9:2010:00 一ノ谷越10:1510:45ちち山別れ11:05〜(巻き道経由)〜11:55笹ヶ峰12:3513:05ちち山13:1514:20一ノ谷越14:4015:20冠山

 

中七番から一ノ谷越へ

 住友フォレスターハウスという綺麗な建物の庭園を抜けると巡視路経由
 平家平の分岐。

 綺麗な草本類が植えてあり、少し観賞。

 
 オオバギボウシ

 ここで右折し山腹を登ると上部の林道に出る。

 坦々と林道を進み、林道終点へ。稜線にはガスが湧いている。

 やっと山道になり銅山川源流の左岸山腹を巻き進む。

 ナスビ屋敷とかいう広い台地で休憩。春はカタクリの名所らしい。

 ここから川を離れさらに山腹をトラバースで高度を上げる。

 途中小沢を何度か横切り、銅山川源頭のモニュメントの前を通る。

 この先、沢を渡る箇所が崩れ、3mほどクライムダウンし一ノ谷越へ。

 曇り勝ちの天気で蒸し暑いが、峠は少し風があり体を冷やす。

 

一ノ谷越から笹ヶ峰へ往復

 ザックの不要な荷をデポして笹ヶ峰まで往復する。

 四国ザサと山並みが前方に続き、明るく広やかな稜線歩きは爽快だ。

 
 ちち山別れへの登り

 一の谷渓谷からの登山道を合わせ急になった登りに耐えるとちち山別れだ。

 ここで初めて登山者に出会い、山の話をしながら休憩。

 細く笹で隠れ気味の道を辿り、分岐で真っ直ぐ巻き道コースに入る。

 次第に潅木と笹が煩わしく、足もとにも露岩の凸凹で歩き難い道になる。

 ちち山からの道をあわせると楽になり、高度を稼いで笹ヶ峰山頂へ。

 山頂は結構登山者が多く賑わっており、西条市側からの往復の人が多そう。

 残念ながら山頂はガスの中で景色はない。

 帰りはちち山の山頂経由で一ノ谷越へ戻る。

 途中、道の草刈りの人達に出会う。この暑い中大変ご苦労様です。

 登山道を維持されるおかげで快適な登山ができることに感謝。

 

一ノ谷越から冠山まで

 ちち山別れで出会った方とは笹ヶ峰からここまで時々一緒になる。
 一ノ谷越で風に当たりながら少し話をする。

 その人はナスビ屋敷経由大永山トンネルの南へ下山とのことで別れる。

 さて泊まりの荷を持ち、冠山を目指す。

 実は天気が怪しく、雷注意報が出ており稜線での泊まりは思案していた。

 しかし今日は朝からガスが時々掛かって、午後は恐らく雷は無いとみた。

 ただやはり心配なので潅木のある場所でテントを張れる場所を探すことに。

 急な登りで少しバテ気味になる。ガスが掛かってきて多少暑さは凌げる。

 途中休みながら40分掛かって冠山山頂へ。

 今まで辿ってきた様子では登山道は笹に埋もれている箇所ばかりだ。
 この先に進んでもテントを張れる場所はあまり期待できそうに無い。

 幸い冠山山頂は潅木に囲まれており、この山頂で泊まることにする。

 山頂の西には露岩があり、夕方しばらく展望と夕涼みを楽しんだ。

 

【行程2日目】行動時間 7時間50 天気 晴れのち曇り

冠山6:006:40平家平7:107:35巡視路分岐7:408:10三ツ森峠8:209:00 三ツ森山9:10〜鉄塔広場10:2511:40大座礼山12:1012:25ブナ巨木12:45〜登山口13:4013:50大田尾越


早朝の笹ヶ峰を望む

 

冠山から平家平へ

 夜中に雨が結構降ったようだ。

 寝ていて気づかなかったが、あたりの樹木や草は雨でびしょ濡れだ。

 出発時はガスが掛かっていたがすぐに晴れだした。

 前方に平家平とその背後は雲海になっている。

 笹原と樹林の雰囲気がいい。

 綺麗な稜線を進み笹原の割合が多くなってきて爽やかだ。

 平家平はボリュームのある広い笹原になっている。

 笹原を前景に遠くの山並みを眺めると実にいい眺めだ。

 西に去年登った手箱山〜筒上山の稜線や、石鎚本峰、瓶ヶ森がよく見える。

 南にはまだ登っていない稲叢山が大きい。

 平家平で30分ほど展望を楽しむ。


冠山と笹ヶ峰

 

平家平から大座礼山へ

 山頂からはよく刈り払いされ広い道となった。

 北側は木々であまり見通せないが、南側は展望が広がる。

 やがてフォレスターハウスへの分岐に着くと樹林中となる。

 よく整備された道を単調に進み、左手に大きなブナが現れた。

 三ツ森峠は林道が越えており、脇に古い地蔵様が祀ってある。

 ここから急な坂を上り詰めると三ツ森山だ。

 広く、広葉樹に包まれている。

 その先からは道の両側に背の高い笹が卓越してくる。

 次の鉄塔広場までの中間あたりには石楠花のトンネルがある。

 これといって特徴の無い道が続き、鉄塔広場を通過する。

 大座礼山の手前20分くらいのところで展望が開ける。
平家平、冠山、笹ヶ峰など
見えているが雲が多くなって霞みもあり冴えない色合いだ。

 大座礼山山頂は樹林に囲まれているが展望もある。

 北に東光森山が大きく、その先に赤石連峰や二ツ岳の山々が霞んで見える。

  

大座礼山から大田尾越まで

 山頂から15分ほど下るとブナの巨木がある。

 何本か稜線上に並んでいるが一際大きなブナは風格があり、素晴らしい。


ブナ巨木


 このブナは四国一の巨木らしい。

 四方八方に枝を伸ばし、どっしりと構えている。

 幹には緑のコケが付着し、森の王者らしい風貌だ。

 20分ほど息を整えただただぼーと眺める。鳥の声しか聞こえない静かな森の時間。

 近くには池の跡の草原があり、大きな広葉樹に囲まれた静かな空間がある。

 さて下りにかかると今日はじめて人と行き交う。45人連れのハイカーだ。

 鞍部からは折り返すように山腹の道となる。

 長く水平に辿り、沢に出て急な下降をしばらくで、林道に飛び出す。

 ここから10分の車道歩きで大田尾越に到着。

 峠にはガスが掛かり始め、風も強くなって天気は下り坂のようだ。

 筏津で自転車を回収し、西条の湯之谷温泉で汗を流して帰広した。

 

 天気は雲が多く冴えなかったが、行動中は雨に遭わなかった。

 一番の目的の平家平では展望に恵まれた。

 1日目、2日目とも約8時間の歩きで1泊としてはちょうどよい行程だった。


大座礼山のショウキラン

posted by: horiuchi | 四国の山 | 11:03 | - | - |-