山行記録の検索
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
《県連40周年》北穂高岳東稜バリエーション入門
2015年7月31〜8月2日

県連40周年記念登山バス。我々は自家用車利用で7月30日夜8時に広島出発、途中G藤、O成の2名をピックアップ。
参加者M本、K田、O成、G藤 

何年かぶりの北アルプスであり、天候不良でアタックできなかったGWの北穂東稜のリベンジです。
7月31日 アカンダナ駐車場7時20分発のバスにて上高地へと向かう。
梅雨明けして雲一つ無い快晴の上高地に降り立った4人組、今日は涸沢まで行きBCを設営して明日の北穂東稜の備えての宴会予定である。
私こと、G藤は雪の無い北アルプスは初めてで楽しくて仕方が無いが、如何せん暑い! 何なんでしょうか?この猛暑は...

気温25度とは言え、照りつける太陽さんは半端ない!
それでも横尾までは木陰で助かったが、ここからはそうは行かないが本谷橋まで頑張って一息入れる。
雪解け水に足を入れてみるが、5秒もすると冷たすぎて足が痺れる程に冷たい。


頑張って歩き、やっとの思いで涸沢ヒュッテに到着しました。
今年は雪渓が多く残っているらしいです。夏山は初めてなもので良く知りませんが...
  

テントを設営してから、恒例のビールタイムです。
この時をどれだけ待ち望んでいたことでしょう〜 登山かビールか? どっちが目的なのか?
私的には両方かな(笑)
  

このジョッキが欲し〜い。涸沢ヒュッテ MAMMUT コラボ
  

北穂東稜を眺めながら、ビールがすすむね。
えーと、取り付きは...2つある沢筋の下のほうの沢だよね、そこの左側を詰めて行くのか...



8月1日 2時起床するも、周りのテントでは誰も起きていない! 仕方ないので、静かにしながら3時までトイレやら済ませて待つことにする。怒られても嫌だからね...
  

各自朝食を済ませたが、どうもおなかの調子が悪い? 涸沢小屋にてトイレへと。
さぁ、出発しましょう!


北穂への一般登山道を登り、途中にあるガレ場から右にトラバースして取り付きへと向かいます。
  

  

さてさて、そろそろ登攀装備を付けましょうかね。
雪渓の右上の沢筋が取り付きです。


取り付き点です。
ここで私がミスをしました...
最初に沢筋の左側ではなく右側を進み、ガレガレで苦労しました。
ここは、最初から左側を登りましょう。


もうすぐ稜線です。落石注意です!


稜線に到着です。ここからが北穂東稜のスタート地点ですかね。
  



暫くは稜線歩きです。槍をバックに...
  

来た道を振り返るとこんな感じ、屏風岩も見えますね。




フリーで進んでいます。
  

この岩の右側を巻くのですが、両端が切れおちていますからちょっと恐ろしいかな?


少し分かりにくいですが、動画もUPしてみました。
「ロープだそうか?」と言っていますが、全員フリー通過と言うかフリーで問題無いです。


ここからロープを出しました。
垂直の岩があるので、左側から登ります。ハーケンが2個打ってあるけどセルフ用かな?
ここでトップを私ことG藤が担当しました。
と言っても、支点を取れるものも無くロープをつけているがフリーと同じです...
(一応、左側に古い朽ち果てたハーケンがあったので支点を取りましたが、おまじない程度です)
堕ちれば天国へ行けますが、怖いだけで堕ちる事はありませんのでご安心を!
そして後続の確保用にFIXロープを張ります。
しかし、肝心なその写真は無かったね。写真を撮っているのが私とビレーをしているM本さんなので...残念


無事に通過してFIXロープをセットした所です。
後続のK田さんO成さんがFIXロープにプルージックでセルフをとっての通過です。
ラストのM本さんは私が確保して通過しました。


O成さん、K田さんの通過の様子です。
ラストのM本さん撮影




ここで、私のトップはお役ごめんとなり、全員フリーで進みます。


ゴジラの背ですが、フリーで行けますよ!問題ないです。(晴天時に限る。但し、念のためクライミング経験者に限る)
今回は、バリエーション入門です。フリーで行けないメンバーもいますから、ロープを出しました。
トップはリーダーのM本さんに任せて私は確保と安全管理を行います。
渡り切ってFIXロープをセットしたM本さんが私達を写した写真です。




K田さんO成さんが続きます。




ゴジラの頭に到着!
ラッペルポイントはここでは無くて、その先にあるのは確認できたのですが、どうも今はここがラッペルポイントとして使われているようです。
(捨て縄の他に、ロープでしっかりと支点が構築されていました。しかもカラビナが2個もあります)


天応で鍛えたから大丈夫と言って下降していくO成さん
顔が硬直していたような気も...頑張って!


その先にあるラッペルポイントを視察するM本さん。
古いスリングがあり、下降できそうだがロープが下まで届くか不安なので引き返して先ほどのラッペルポイントから降りることにする。


ラストの私ですが、途中でラッペルをやめて歩いて下る。
そうです、歩いて降りれますが、一応ラッペルもやってみたのです。


ゴジラの頭を降りたところです。
この左側を巻いて降りれます。


さて猛暑の中、北穂へ向けて岩稜を登っていきますが、これが長いのなんの...


登り続けます...


越えてきた東稜です。




見えて来ました北穂高小屋が! もうすぐだぞ。


着きました。北穂高小屋


決してビールを飲んでいるのではありません。
ペプシコーラです!


さぁ、穂高岳山荘を目指して出発しましょう。


槍を背に北穂高岳山頂


目指す奥穂高岳は遠いです。


北穂高岳から涸沢岳のルートは、なかなかやってくれます。
延々と続く岩稜でクサリ場、ハシゴとあり、大キレットより苦労させられるようです。


ここは、積雪期や残雪期には難所となる場所です。
ハーケンやボルトが打ってあります。








熱中症にならないようにこまめに水分補給です。
各自水は2L欲しいところです。


最低コル


越えても越えてもこんな感じに続きます。
でもやっと涸沢岳ですね。


越えてきた北穂高岳を振り返って見ます。
長かった...


最後のクサリ場ですよ!


涸沢岳の稜線に出ました。
山頂はもうすぐです!




来ました! 涸沢岳山頂へ♪


前回来たのはGWでしたが、今回は夏山です。


さてさて、穂高岳山荘へ下ります。

今回、G藤は単独で穂高岳山荘のテント場に幕営します。
テントはK田さんにお借りしたアライテントです。
明日8月2日の予定は、ジャンダルムを越えて西穂高岳を巡り、上高地へと下山するルート設定をしています。
(佐伯山の会のパーティーと合同行動の予定です)


テント設営は4人全員でパッパと済ませて小屋へGO


穂高岳山荘でジュースを飲んで休憩してから、M本、K田、O成さんは涸沢BCへ下っていきました。




全員無事に北穂東稜を終え、北穂高岳から涸沢岳を越えて穂高岳山荘まで来れました。
M本さん達3名は今晩は涸沢でテント泊して翌日、ゆっくりと上高地へ下る事となります。
この日、涸沢には当会の他のメンバーも入山してきており、合流して楽しんだそうです。

8月2日の私の報告は「その2」へ続きます。

 
posted by: 管理者 | 北アルプス | 17:54 | comments(0) | - |-