山行記録の検索
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
剱岳八ッ峰妻Dフェース富山大ルート
2015年9月19日〜23日
「岩と雪の殿堂」剱岳八ッ峰妻登攀に行って来ました。
今回は、佐伯山の会ヴァリエーション山行の企画であった剱岳八ッ峰妻登攀と北方稜線縦走の山行への参加です。

メンバー
佐伯山の会 A達、O形、T屋、T沢、K子
広島労山 G藤

コースタイム
9/19
立山駅5:45 − 美女平6:20 − 室堂7:50 − 剣御前小舎10:29 − 剣澤小屋11:18 − 長次郎谷出会12:30 − 熊ノ岩15:09
9/20
妻Dフェース取付6:55 − Dフェース登攀開始8:40 − Dフェース登攀修了12:05 − 5・6のコル下降点13:19 − 熊ノ岩16:55
9/21
5・6のコル5:55 − 八ッ峰ノ頭8:25 − 池ノ谷ガリー9:15 − 三ノ窓9:48 − 池ノ谷乗越10:40 − 剣岳11:54 − 下降開始12:14 − 長次郎のコル12:45 − 熊ノ岩13:30
9/22
熊ノ岩6:03 − 長次郎谷出会7:05 − 平蔵谷出会7:33 − 剣澤小屋8:50 −剣御前小舎10:07 − 立山駅13:40 − 富山駅(ホテル)17:00 − 打上(17:45) − ホテル22:10
9/23
ホテル6:10 − 帰広

パーティー
A達−T屋、O形−T沢、G藤−K子


毎度の事ではありますが今回も幕営です。
各自20Kg以上のザックを背負っての山行となる為、軽量化をして出発しました。

19日出発点の立山駅にて小雨が降りだす...なんだか嫌な感じだ。
6:10臨時便のケーブルカーからバスに乗り継ぎ雨の室堂へ向かう。


9月19日(1日目)

バス乗り場入り口


雷鳥の駅長さんに挨拶してから出発です。


雨でーす...


雷鳥さんがお出迎えしてくれました。


霧雨に変わり、雨は止みそうですね。


お〜 晴れてきたぞ♪
でも暑くなりそう。


風を避けて剣御前小舎のよこてで小休止です。


シルバーウィーク初日!
荷揚げヘリがなん往復もしていて、やっとシャッターチャンスが来ました!


剱岳が雲の切れ間から現れました。


剱澤小屋を通過し、剱沢へと向かいます。


ここでアイゼンを付けます。
私達がアイゼンを付けていると、後続の方々はそのまま雪渓に入り進んでいきます。
リーダさんらしき方が、アイゼンは要りません!と言っています...
アイゼンがあるなら付けましょうね。安心して下れますし重たいアイゼンは飾りではありませんしね...
真砂沢ロッジに行くにしろ、必ずこの先でアイゼンを付ける事になるのですから、ならば今!付けましょう。
(事故防止にご協力下さい)


アイゼンを付けて剱沢の雪渓を下ります。


長次郎谷出会で小休止します。


長次郎谷の上方に熊ノ岩が観えます。


標高差600mの長い急登です。


そこまでが本日の目標ですけどね...


途中、機Ν曲間ルンゼ出会いで雪渓が切れていました。


仕方が無いので、左の岩を越えて進みます。


左側の岩が熊ノ岩の下部、そこまであと少し!


熊ノ岩下部(通称、熊ノ岩はここ)から明日登攀する八ッ峰妻は目の前です。


日が暮れる前に食事の準備ですが、寒いんです。


Dフェース富山大ルートのイメージトレーニング中?


絶景です♪
来て良かった。


9月20日(2日目)
Dフェース 富山大ルート3級上 検銑-

朝起きてからの準備が遅い我らオヤジ組なので、既に3組目です...
Dフェース取付にて1時間位の待ちです...
その間にも、続々とクライマーが上がってきます。
でもここはDフェース! そう、落石の多いDフェース!
ラク〜! 堕ちてくるは落ちてくるは弁当箱程度の小石?がね...


眼下に熊ノ岩のテントが見えますね。


やっと、登攀開始です♪(2ピッチ目K子さん)
富山大ルートの核心部は3ピッチ目です。
今回は、つるべでリード交代しながら2人共リード楽しむことにしております。
で、3ピッチ目はG藤が担当することになり、1ピッチ目はG藤が行きます。



続いて、3ピッチ目を登攀するK子さん


ここで、富山県警のヘリ「つるぎ」が爆音をたてて近づいて来ました!
コールが聞こえません!危ないよ、うるさ過ぎて...朝のパトロールにしては長時間居るなぁ〜
(あとで知ったのですが、池ノ谷乗越付近で救助中みたいでした。ビックリ)


後続のO形さんも到着
4ピッチ目を1組目がルートを間違ってハングに直上しているようで渋滞発生...
2組目もハングを直上しているようで時間がかかっている...
他パーティーの後続から、まだかまだかとクレームの声が大きくなっている。
どうも、最初から1組目が遅すぎる! 渋滞の根源である...
2組目は3人パーティーだから多少時間がかかるのは当然だが、それでも1組目より早い!


やっと行ける!
4ピッチ目、姿は見えないがK子さんが行く
しかし、K子さんも2組目を追いかけてハングまで行って進めない。
後続のO形さんから、更に後続が我慢の限界のようであると聞かされ、G藤がビレーを止めて、フォロー&リードで正規ルートで確保できる場所を探しに登る事に。
4ピッチ目の中間点で何とかK子さんのビレー体制に入ることが出来、K子さんクライムダウンに成功してそのままリードで進む。
よかった! 時間掛けれないもんね。


(登攀途中の下方)

登攀途中に見上げると2組目のフォロー2人が見えます。

5ピッチ目はK子さんからG藤に変更する。
ここで、ギアの受け渡しミスを2人が犯し、スリングが3本しかないわクイックドローも3本しか無い事に登攀中に気づく...
少々流れが悪くなるが仕方が無い、3本のクイックドローと2本スリングで進むが、やはりギアが足らないね!
クラックにカムをセットしてもクイックドローが無いので流れが悪く、登攀しているのかロープを引き上げるために登っているのか分からない位に流れない...
途中5、6メート程ランナウトしてやっとピッチを切った。


来ました、K子さん! 
ここで、驚愕の事実を伝えられました。
下方のテラスが6ピッチ目のビレー点で、なんとここまで60m近く一気に登攀したらしく、ロープがギリギリだったそうです...
そーなん! どーりでロープが上がって来なかったはずですわ...

6ピッチ目確保点から後続のT沢さんによる撮影
写真上部の最終ピッチでK子さんを確保中のG藤
(ここが噂のテラスです。あぁ〜登りすぎているわぁ...)


Dフェースの頭に到着寸前のK子さん


O形さんも到着しました。


ご苦労様でした。


Dフェースの頭からの眺望


5・6のコルへの下降点
しかし、状態が悪そうです。


落石を起こさないように慎重に懸垂下降する。


雪渓が崩落しており、危険ですが行くしかありません...


この先キケン!
雪渓崩落&岩盤崩落...


雪渓崩落現場からやっと5・6のコル上部へ


遅くなったので、Aフェースは登れませんでしたが、充実した登攀で満足。


9月21日(3日目)

剱岳のモルゲンロート
北方稜線への計画を変更して、八ッ峰上半縦走とチンネ偵察、剣岳登頂として出発。


Aフェース基部


5・6のコルから妻を縦走して八ッ峰ノ頭、池ノ谷乗越へと向かいます。


幻想的ですよね〜 これだから止められない♪




Dフェースからは懸垂下降で降りますが、ここから先はクライムダウンで進みます。






気が抜けないクライムダウンが続きます。


気持ちの良い岩稜でワクワクです。


しばし鑑賞に浸る


中央右手前が、クレオパトラニードル!


八ッ峰ノ頭では少々渋滞気味でしたが、一気に60mロープで池ノ谷乗越まで懸垂下降します。
バックの長次郎の頭と剱岳が壮大です。


メンバーが続々と懸垂下降してきますが、ここも落石を起こさないように慎重に!


池ノ谷ガリーを下って三ノ窓へ向かいます。
ここが、三ノ窓の分岐点です。
池ノ谷ガリーは落石が危険で、今回は登山者が多く落石が頻発しており超危険でした...


三ノ窓からチンネ左稜線の取付などを確認。
待ってろよ! 来年来るからな!


小窓ノ王ヘの登山道も確認。


池ノ谷ガリーを登り返します。


なんと、きよしさんとバッタリ遭遇しました!
北方稜線へ行くそうです。




池ノ谷乗越から剱岳へ向けて登ります。


後方には縦走してきた八ッ峰がギザギザしています。


長次郎の頭、長次郎のコルを越えて剱岳山頂です。
この先キケンの看板ですね、キケンから来ました。


登頂記念写真です。


源次郎尾根も、キケンの看板あるのか。




しばし、休憩するもガスって眺望は望めない。


八ッ峰妻もガスの中...


長次郎のコルから熊ノ岩左俣を下降するのですが、これがまたガレガレで怖い。


何が怖いかって、仲間に落石を起こさないようにするのが怖いと言うか、神経使います。
落石を避けて熊ノ岩基部を歩きます。


やっとの思いで、熊ノ岩まで降りて来ました。
ガレガレはもう嫌ですね。


まだ、13:30です。各々時間つぶしですが、Aフェースを登攀する元気も無いし、小雨が一瞬降るし天気が良くない。


熊ノ岩から望む 妻


9月22日(4日目)

今日は放射冷却で寒いです。水場も表面が凍っていましたからね...
だから、晴天ですよ!


名残惜しいが下山します。


アイゼンとピッケルで順調に下ります。
雪渓が切れているのに進もうとしていた単独行者に岩を巻いて進むようにアドバイスしたんですね。
どうも右岸を行こうとするから、もう一度こちら側の岩を巻くように伝え何とか岩に向かってくるも、シュルンドへ一直線で進んでる〜 あーそこシュルンドがあって雪渓が薄いから危ない!もっと離れて!
わぁ− 登山者が滑落しました...
でもまぁ、傾斜が緩いので直ぐに止まったのですが、ペットボトルは100m下までさようならでした。
大丈夫でしょうか?この先に進んでも...ここは、一般登山者はご遠慮いただきたいのですが...


長次郎谷出会まで下降してきました。
ここで小休止ですが、日差しが暑い!
更に剱沢の上りが永遠と続きます。


平蔵谷出会
源次郎尾根への取付点を確認しました。


雪渓が終わり、アイゼンを外します。
小休止、ここからは剱澤小屋を目指して頑張ろう。


剱澤小屋です。
剱岳をバックに記念撮影♪


富山県警剱沢警備派出所


20日の県警のヘリが来たのはやはり滑落事故の救助だったんだ。ビックリ!


剣御前小舎まで帰って来ましたよ。
でも室堂まではまだまだ...


剣御前小舎から望む剱岳


室堂まで遠い〜


ピーカンでしょ。


紅葉も始まっております。






疲れも癒される景色だね。


室堂からとんとん拍子にバスに乗りケーブルカーに乗って立山駅帰ってきました。
これから、お風呂に入ってお昼ごはん食べて富山市内に向かいます。


綺麗になった富山駅ですね〜


この後は、ホテルにチェックインして居酒屋に行って打上をしました。


9月23日(5日目)
ホテルを6時10分に出発して一路広島へと帰ります。
14時20分小谷SA

今回は、所属会の垣根を越えて参加させて頂けた事に感謝しております。
「行ける時に行ける山へ行く」人生は短いですから、これからも行ける時には行きたいと思います。

岩トレから天応での実践トレーニング、宮島スパイラル登山と一緒に訓練して目標が達成でき最高の気分です。
この場を借りて、メンバーの皆様と会長にはお礼申し上げます。
今後とも、宜しくお願いします。
posted by: 管理者 | アルパイン | 18:04 | comments(0) | - |-