山行記録の検索
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
会津叶津より浅草岳へ
【期 間】2016年5月3日
【参加者】H内、Y本、T橋、T町
【コース】叶津登山口より往復

前夜は快適な登山口で過ごした。
前日ちょうど降りて来られた方から状況を教えていただく。
今日は朝からいい天気だ。
久し振りに清々しい朝となった。
5:45出発。
ブナの鮮やかな緑と真っ赤な椿の花の取り合わせが珍しい。


椿の花とブナの新緑をゆく

標高差で300m登り詰めると山神ノ杉ということろだ。
祠があり、沼の平への分岐点になっている。
さらに急になった登山道を登っていく。
北に向いた斜面は残雪があれば少し厄介だと思っていたが、
ほとんど夏道が出ており容易に登れる。

 
山神ノ杉と祠                  沼ノ平と川内山塊を望む

やがてだだっ広い平石山の一角にたどり着く。
ここからは雪の台地となり、まだ芽吹いていないブナの森の
間を適当に歩く。

 
平石山先の台地をゆく 

今日も霞みが強く遠くの山の眺めはいまいち。
だんだん尾根が絞られてくるがほぼ平坦なので楽だ。
尾根が狭まると夏道の周りはカタクリの花でいっぱい。
先に山頂が見えている。
再び尾根が広がるあたりからは雪のうえとなる。
ブナ林を抜けると遮るものがない展望の中の登りとなる。


山頂直下の尾根をゆく

同時に風が強くなってくるが、東風で暖かい。
山頂付近は尾根が細くなり、夏道が出ている。
9:40山頂に到着。
山頂には雪が無く、展望雄大。
昨日と同じく遠くの山々は見えない。
田子倉湖や毛猛山塊、荒沢岳、会津朝日岳、昨日登った守門岳など山岳風景を楽しむ。

 
守門岳を望む                鬼ヶ面山と背後は毛猛山塊、越後三山

山また山の展望は素晴らしい。
鬼ヶ面山へ続く稜線はすっかり雪を落とし、雪庇の欠片も残っていない。
風は相当強く、生暖かく、明日は荒天になる気配だ。
しばらく展望を楽しんだ。
下山は往路を戻る。
下りは正面に川内山塊や会津蒲生岳などの展望を楽しめる。
尾根の北寄りからは沼ノ平が見下ろせる。


緩く広大な斜面を快適に下る

12:15下山。往復で6時間半だった。
帰路は只見の町で温泉と昼ごはんを済ませる。
山頂から見えていた只見線の旧田子倉駅先の広場に寄る。
只見線の線路から残雪の浅草岳の山頂が見えた。


只見線と浅草岳

山古志、小千谷、柏崎へ山里の春の風景を楽しみつつ帰路についた。








 
posted by: horiuchi | 関東他 | 14:01 | comments(0) | - |-