山行記録の検索
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
自主山行

[山行日] 平成29年12月17日(日)

[ルート] 伯耆大山(夏山登山道)

[参加者] M本・F川・K川

 

はじめに…

新聞・TV報道でご存じの方も多いと思います。

記載することも躊躇いました。

ですが、雪山の厳しさを伝える事も大切だと思います。

 

標高1600mその先に見たものは…

 

年末の雪山山行の前の訓練山行。

午前7時半過ぎ、駐車場を出発し夏山登山道へ向かう。

天気は回復傾向であるがあまり良くない。

雪はパウダー状態で歩きにくい。

枝もまだ埋まっていない。

6号目の避難小屋もまだ埋まっていないが、景色は真っ白で眺望はない。

7合目付近はまだ余裕で歩ける。

8号目の山頂台地付近から風が強くなりポールと旗棒を頼りに進む。

1つ先のポールが見える程度であった。

木道を逸れるとかなり深くと嵌る。

その中に旗棒とポールで囲まれた所があり遭難者の姿があった。

初めての体験で寒さ以上に気持ちが凍り付く。

山頂直下の避難小屋で少し休み、早々に下山する事に…

アイゼンを装着する間に手先が急速に冷える。

小屋の温度計は-9°だが、風が当たる所はもっと低いと思われる。

とにかく、風の影響のない所まで早く下りたいと思った。

風が無くなると少し余裕が出て来た。

しかし、救助隊とすれ違わない。通報してあるはずだけど不安になる。

麓でようやく、救助隊に会った。12時半過ぎの事だった。

 

吹雪の中で衣服を整えたり、スマホを見たりは不可能だと思われた。

装備は早めに整え、危ないと思ったら引き返す事は大切な事だと思った。

雪山での単独行は大変危険で、初心者は必ず、慣れた人に同行してもらう事も大切。

装備はもちろん、技術も身に付けてから行くべきだと思う。

それは、雪山に限った事ではない。

12月15日奥大山休暇村から大山の情報が発信されていた。

ご覧になっていたら、違った結果になっていたのかもしれない。

 

今回の事は徐々に薄れても決して忘れる事はないし、忘れてはいけない事だと思う。

お亡くなりになった方のご冥福をお祈りします。

 

 

 

posted by: chiharu | 中国の山 | 22:38 | comments(0) | - |-