山行記録の検索
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
自主山行

[山行日] 平成29年12月17日(日)

[ルート] 伯耆大山(夏山登山道)

[参加者] M本・F川・K川

 

はじめに…

新聞・TV報道でご存じの方も多いと思います。

記載することも躊躇いました。

ですが、雪山の厳しさを伝える事も大切だと思います。

 

標高1600mその先に見たものは…

 

年末の雪山山行の前の訓練山行。

午前7時半過ぎ、駐車場を出発し夏山登山道へ向かう。

天気は回復傾向であるがあまり良くない。

雪はパウダー状態で歩きにくい。

枝もまだ埋まっていない。

6号目の避難小屋もまだ埋まっていないが、景色は真っ白で眺望はない。

7合目付近はまだ余裕で歩ける。

8号目の山頂台地付近から風が強くなりポールと旗棒を頼りに進む。

1つ先のポールが見える程度であった。

木道を逸れるとかなり深くと嵌る。

その中に旗棒とポールで囲まれた所があり遭難者の姿があった。

初めての体験で寒さ以上に気持ちが凍り付く。

山頂直下の避難小屋で少し休み、早々に下山する事に…

アイゼンを装着する間に手先が急速に冷える。

小屋の温度計は-9°だが、風が当たる所はもっと低いと思われる。

とにかく、風の影響のない所まで早く下りたいと思った。

風が無くなると少し余裕が出て来た。

しかし、救助隊とすれ違わない。通報してあるはずだけど不安になる。

麓でようやく、救助隊に会った。12時半過ぎの事だった。

 

吹雪の中で衣服を整えたり、スマホを見たりは不可能だと思われた。

装備は早めに整え、危ないと思ったら引き返す事は大切な事だと思った。

雪山での単独行は大変危険で、初心者は必ず、慣れた人に同行してもらう事も大切。

装備はもちろん、技術も身に付けてから行くべきだと思う。

それは、雪山に限った事ではない。

12月15日奥大山休暇村から大山の情報が発信されていた。

ご覧になっていたら、違った結果になっていたのかもしれない。

 

今回の事は徐々に薄れても決して忘れる事はないし、忘れてはいけない事だと思う。

お亡くなりになった方のご冥福をお祈りします。

 

 

 

posted by: chiharu | 中国の山 | 22:38 | comments(0) | - |-
定例山行

[山行日] 平成29年12月2日〜3日

[ルート] 京都トレイル

[参加者数] 21名

 

古都、京都への旅

前日の1日から京都を散策された方々、夜行バスや自家用車で駆け付けた方々も

2日午前8時に伏見桃山駅に集結。

ペースや志向に合わせて3グループに分かれて京都トレイルを楽しみました。

初冬の京都は紅葉が十分楽しめ、晩秋の趣といった雰囲気でした。

京都トレイルは全長83.3km、長く歩いたグループでも30劼舛腓辰

あと何回行きましょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

posted by: chiharu | 関西の山 | 22:23 | comments(0) | - |-
読図山行

[山行日] 平成29年11月26日(日)

[ルート] 絵下山〜明神山

[参加者] M本・A部・Y本・T中・F川

 

今年度の読図山行も最終回。

前回に引き続き講師にO藤さんをお迎えして行われました。

今回は地形読みの他にコンパスを使い方向を確認しながら位置確認しました。

途中の分岐で一箇所見誤りがあり改めて地図読みの難しさを感じ、

良い勉強となりました。

 

今回の下りルートの尾根

 

絵下山山頂近くの綺麗な紅葉

 

地図を片手に要所要所確認しながら登ります。

 

動いた?様な気もする(笑)    痛恨の間違えポイント

 

間違えに気付いていません。    鉄塔は目印になるけど油断禁物

 

シハイスミレ(紫背菫)

 

 

 

 

posted by: chiharu | 登山技術講座 | 20:30 | comments(0) | - |-
登山技術講座

[山行日] 平成29年11月19日(日)

[ルート] 天応烏帽子岩山

[参加者] M本・K田・O成・T中・F川

 

冬型の気圧配置で超寒い中、天応駅に集合。

先日まではナメラ岩に着くと汗がボタボタ落ちていたのがウソの様。

久しぶりにアイゼンを装着してアイゼン尾根を目指して出発。

岩とアイゼンの擦れる嫌な音。足さばきは錘を付けたように重い。

危ない所はロープで確保しながら山頂を目指す。

明日は筋肉痛か?(苦笑)

 

良い眺め。今日は四国まで見えました

 

ドンガメ岩と烏帽子岩

 

ハイ、ポーズ            

 

復帰。               初挑戦

 

こんな所も歩きました                  

 

帰ります。この後は…

 

posted by: chiharu | 登山技術講座 | 22:15 | comments(0) | - |-
四国剣山

【期 日】2017年11月4日(日)

【参加者】K原

 

この度、今年中に行ってみたかった四国の剣山に行ってきました。

 

当初の予定ではまず一番に次郎笈へ行くことにしていたのですが雨が降り始め視界もだんだん悪くなってきたので、四国の山の幻想的な雰囲気を楽しめるかもとまずは剣山頂上を経由して一ノ森を目指すルートに変更しました。

その一ノ森へのコースは他の登山者の方もほぼいなく立ち止まると無音の静寂な空間でした。

一ノ森を堪能した後は天候が回復することを期待して次郎笈へ。

 

再度剣山頂上を経由して次郎笈峠に差し掛かった時になんと!

雲が急に晴れてきて青空が見えてきました。

 

次郎笈で食事を済ませせっかくなので晴れた剣山山頂から眺めをみよう!と再再度剣山山頂へ。

山頂からは四国の山々を展望することができました。

 

山行の始まり。劔神社。

 

トンネル。リフトの下をくぐります。

 

イマイチな天候☁

 

西島駅。

 

剣山山頂に到着。視界はありません。

 

一ノ森への登山道は静寂な空間…。

 

一ノ森に到着。ここも視界はありません。

 

次郎笈峠にて。晴れてきた♪

 

剣山、一ノ森方面。いい眺め♪

 

次郎笈。

 

空の青と雲の白のコントラストがいい。

 

剣山山頂からの眺めは最高でした。

 

ここでアクシデントが5年間使用してきた登山靴の靴底が取れてしまうことに…。

 

山頂エリアの木道。

また、雲行きが怪しくなってきました。

 

剱山本営宝蔵石神社。

 

リフトの誘惑に負けず徒歩で下りました。

 

この度の四国の山はいろいろな山の表情を感じることができた大満足の山行となりました。

 

<Photo/K原,報告/K原>

HWAC広島勤労者山の会 / http://hwac.jp/

 

posted by: kurihiro | 四国の山 | 12:31 | comments(0) | - |-
定例山行

[山行日] 平成29年11月3日〜4日

[ルート] 十方山・高岳

[参加者] M本・K田・M好・F川・O藤・K川

 

晴天に恵まれた十方山

内黒峠からの往復という少し長めのコースでしたが、

紅葉と秋の空の美しさ、落葉でフカフカの登山道は歩き易く、

心地よい汗をかきながら楽しい山行でした。

 

 

赤・黄・オレンジ…どの色も美しい

 

十方山の山頂は360度の大パノラマ

 

秋の青空もこれまた美しい

 

お膝に優しい落葉の登山道

 

広島最高峰の恐羅漢山

 

途中地図読みもしました       皆いい顔してます

 

 

十方山の後は聖湖でキャンプ

鍋料理に美味しいお酒、楽しい会話で盛り上がりました。

 

翌4日は聖岳〜高岳縦走の予定でしたが、生憎の雨模様で、

高岳ピストンに変更。

こちらの紅葉もとても綺麗で、聖湖湖畔はとても美しかったです。

 

日がさす時もあり紅葉も美しい

 

高岳山頂は雨模様。晴れていたらね…

 

 

posted by: chiharu | 里山 | 21:00 | comments(1) | - |-