山行記録の検索
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
夏合宿は黒部源流赤木沢!!

[山行日] R1年8月10日〜13日

[ルート] 1日目 折立〜太郎平〜薬師峠

     2日目 薬師峠〜薬師沢小屋〜黒部川〜赤木沢〜赤木岳〜北ノ俣岳〜太郎平〜薬師峠

     3日目 薬師峠〜薬師岳〜薬師峠〜太郎平〜折立〜大垣市

     4日目 大垣城・岐阜城〜帰広

[参加者] M本・K田・F川・K川

 

今夏の行先は黒部川源流の「赤木沢」、ヤマケイ萩原編集長が「黒部の宝石」と表現された場所。

今回の沢隊長K川氏も一点の曇りもない沢と言っておられた通り美しい沢でした。

ですが、そこは北アルプスでも奥地「黒部の山賊」の舞台の一角、遠かった〜。

 

 

前日の夜、広島を出発し、有峰林道の入口に着くと長蛇の列、開門と同時に次々折立へと急ぐ。

折立から太郎坂…なんともキツイ!地図ではすぐのアラレちゃんポイントになかなか着かない。

重い荷物と陽射しが体に堪えるが左に薬師岳を見ながらの太郎平に向かう。

太郎平から更にテント場である薬師峠まで向かうが終始絶景でした。

疲れた体にビールが旨い!

時間があったので薬師平まで足を延ばしてみた。槍ヶ岳が目の前に見えた(感動!)

 

太郎平〜先に見えるのが太郎平小屋

 

テント場へ続く木道

 

薬師平から槍ヶ岳

 

 

 

 

2日目、朝4時に出発。太郎平に着く頃には稜線に赤みが差してきた。

薬師沢小屋までは急なので、気を付け下る。

カペッケが原で「おーい」とは呼ばれず(笑)

薬師沢小屋のハシゴをおり、まずは黒部川を遡上。

すぐに沢隊長の胸の辺りまでの水深のへつり…ギョエ〜私は肩じゃ。

引っ張ってもらってどうにかクリア

その後は何度か渡渉をし、赤木沢出合まで到着。美しい‼

男性陣は水の中へ…楽しそう

赤木沢へ入るとなんと綺麗な…写真でみたナメラ・滝…まさに宝石!一点の曇りもない!

楽しい…が体力が…

助けてもらいながらどうにか歩き通す事が出来た。

見上げれば稜線に青空、振り向いても絶景…来て良かった。

 

朝の太郎平

 

黒部五郎岳

 

黒部川

 

もう直ぐ出合

 

ここが出合。奥が黒部川。右に入ります。

 

頑張ってますよ。

 

初心者は左を上りました。

 

なんとも美しい

 

どこから上りましょうかね。

 

あ〜泳いじゃった。

 

まだ上ります

 

沢を抜けると…稜線に続く花畑

 

綺麗ですね

 

 

 

 

 

3日目、せっかくここまで頑張ったので、薬師岳も目指します。

昨日歩いた所が見える。黒部の山々、槍ヶ岳、剣岳…遠くに富士山もチラリ

振り向けば、白山も…なんて贅沢な…言葉はいらんです。

薬師岳から続く稜線…いつか歩いてみたい。

 

昨日はあちらに

 

また、この稜線を歩きに来たい

 

お兄さんが上手く写してくれました

 

おまけ編

何故か恒例となった遠征帰りの城廻

今回は大垣に泊まったので、大垣城とクールダウン?に金華山に立つ岐阜城

大垣城は宿近くの為、徒歩にて見学

岐阜城への上りは迷いなくロープウェイを選択。

下りは歩いて下山しました。

 

大垣城

 

岐阜城

 

天気にも恵まれ最高に素敵な遠征でした。

 

 

posted by: chiharu | 北アルプス | 15:03 | comments(0) | - |-
沢登り

[山行日] R1年8月4日(日)

[ルート] 広高谷

[参加者] M本・O成・F川・K川

 

本年度1回目の沢歩きは雨の為中止となり残念でしたが、

今回は天気に恵まれ、梅雨明け後の日中は猛暑の為、沢登りはとても気持ちの良いものでした。

アップはしていませんが、先週の土日に引き続きの沢登りは、

お盆の北アルプスの沢登りの良いトレーニングにもなりました。

 

入沢します

 

水も緑も綺麗です

 

登攀もへつりもあります

 

どう攻めましょう?

 

終了点ももうすぐ…楽しかったぁ

 

男前でしょ…ゲコッ

 

季節のお花…キツネノカミソリの群生は圧巻。イワタバコもありました。

 

ウツボグサの紫は涼しげで良いですね。ウバユリは良い香りでした。

 

posted by: chiharu | 中国の山 | 22:14 | comments(0) | - |-
定例山行〜国東半島

[山行日]  令和1年6月8日(土)〜9日(日)

[コース]  8日 不動山〜千燈岳  9日 津波戸山

[参加者]  M本・K田・O成・F川・K川

 

昨年も行った国東半島、広島には無い面白い山が沢山ある魅力的な所です。

津波戸山の駐車場での夜明け、雨が降っていた。予定を入れ替え、不動山へ向かう。

旧千燈寺跡・五輪塔群を抜け千燈岳登山口へ、暫く登ると本日のメイン?、

アントニーゴームリー氏のもとへ、一糸纏わぬお姿で海を見て立っておられた。

記念撮影を済ませ、急登を登り五辻不動尊に到着する。

その後、千燈岳へ向かう。途中からは急登で雨上がりの登山道は良く滑る。

苔むした木々に風で霧が運ばれ良い雰囲気であった。

山頂で昼食を済ませ一ノ瀬溜池へ下った。

その後、本日の宿となる長崎鼻へ向かった。

 

旧千燈寺跡             五輪塔群

 

ゴームリー氏は海を見て何を思う?(諸事情により後ろから)

 

急登を行くと五辻不動尊に着きます。

 

美しい

 

山頂からの眺めも素晴らしい。次はあの山かしら?

 

長崎鼻の夕日

 

9日、宿営地を散策後、津波戸山へ向かった。

駐車場から登山口へはのんびり歩く。登山口から海蔵寺跡へ寄り道

石積みのダムを通り「これより3番」の案内を合図に西岩尾根コース。

岩・鎖・岩・鎖…上ったり下ったりトラバースしたり…

乾いた所はフリクションが良く効くけれど、濡れた所は滑り易い。

無明橋の左京の橋は小さいけれどスリリング。

あちこちに石仏がある。

鞍部まで来ると山頂までは緩やかだった。

東岩尾根は時間切れで登らず、谷筋を下った。

 

長崎鼻を散策中…パワースポットと園内のアジサイ

 

向かうはあの山ですよ。

 

海蔵寺跡を抜け          くさり・クサリ・鎖…

 

小さいですが、スリリング     ここはロープで確保

 

至る所に石仏           針の耳

 

石仏…わかりますか?       夫婦岩を抜けるとお大師さんが

 

国東半島だなぁ

 

 

 

posted by: chiharu | 九州の山 | 21:21 | comments(0) | - |-
クライミング練習8

JUGEMテーマ:趣味

場所:呉市 天応岩山 なめら岩・その他の壁

DATE:2019.6.9

メンバー:広島労山 Y田、K堀、K寄、

 安佐岳友 O藤、呉労山 Y本、H田、H谷、他5名

 

梅雨入り前の晴天。

 

県内の広島近郊の3労山の交流クライミングを今日もまた楽しみました。

(他に福山山岳会も独自に練習されていました)

 

会を重ねるごとに異なる会同士でもどんどん顔馴染みになります。

 

当会K寄氏は今回が2回目でした。2回目とは思えない技量の持ち主なのですが、

実はそれだけではなく、クライミングという密度の濃い行為を一緒にする仲間

として今回ですっかり皆に認知されたようにY田には思え、頼もしく、嬉しい

ものがありました。

posted by: tyamad | クライミング | 19:03 | comments(0) | - |-
登山技術講座

[山行日] 令和1年5月26日(日)

[ルート] 天応 銀座尾根

[参加者] M本・O原・F川

 

今年度2回目の登山技術講座、入会間もないO原さんは初参加という事で、

岩場での歩き方、ロープワークの基礎を練習しました。

ロープを使って岩を登ったり下ったり、トラバースしたりしました。

太陽の光を浴びた岩は段々暑くなり、早めに終了しました。

 

岩場は3点確保で、安全な登山にはロープワークも必要ですよ。

 

海に目を向けると潜水艦、空を見るとハロですね。(昨日も見えました)

 

山の楽しみの一つです。四季折々の花達

 

 

 

posted by: chiharu | 登山技術講座 | 20:05 | comments(0) | - |-
クライミング練習7

JUGEMテーマ:趣味

DATE:2019.5.25

場所:天応なめら岩 N司別邸でBBQ

メンバー:Y田、N司、K田、安佐岳友 O藤、長崎労山 K嶋、呉労山 Y本夫妻、K林、H田、他5名

 

今回は元広島の会員で長崎労山のK嶋さんが駆けつけて参加され、楽しい賑やかしいクライミングとなりました。また今回初めてこの会交流にK田さんも参加されました。

朝9時頃からロープをかけて13時までクライミングを楽しみました。K嶋さんは本格的な岩登りは今回が初めてでしたが、1ルートをトップロープで何とか完登され、すごく嬉しそうでした。今後が楽しみです。

 

我々広島労山にはリードクライマーがほとんどいないため、呉労山のリードクライマーにロープをセットしていただいてからの、トップロープで登ることがほとんどです。このままではいけない、いずれはリードできるようになりたい、と思っています。呉労山の皆さん、今回もありがとうございました。

 

長崎からK嶋さんがはるばる来られたこともあり、我々広島組その他の5名が13時に早めに下山後に、太田川の川沿いにある、N司さん手作り小屋(2階建て)にてY田、N司、K田、O藤、K嶋でBBQと山行ビデオ上映会、また露天風呂に入ったりして、まったりゆったり過ごしました。N司さん、色々事前準備をしてくださりありがとうございました。

posted by: tyamad | クライミング | 10:46 | comments(0) | - |-