山行記録の検索
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
LINE
最新の山行記録
山行形態
コメント一覧
リンク
携帯用QR
qrcode
RSSATOM
大山北壁<弥山尾根〜縦走>2007.1.20〜21
ふくよかな緑に覆われた中国山地の中で唯一孤高を誇り、アルペンムード漂う伯耆大山は谷川岳や現在の八ヶ岳のように中国地方はもとより遠くは九州・四国などからも多くのクライマーが訪れる。標高やスケールでははかり知れない厳しさと、アルペン的と言われる由縁を感じる山行となった。
今回は、県連ネパールPaldor△5928パルドール登山隊のトレーニング山行として計画されていた大山だったが、 都合により登山隊メンバーであり、この度のCL安達さん率いる2名での「自主山行・大山北壁」に変更となった。目標に向かう安達さんのパワフルなエネルギーを感じながら好天の大山北壁へ。

弥山沢
「画像クリックで大きくなります」
<Member>CL 安達(佐伯山の会) 金澤(HWAC)
<Route>大山寺〜元谷〜弥山尾根〜弥山三角点〜剣ヶ峰〜天狗ヶ峰〜上宝珠越〜元谷
<Time>1/20(土)南光河原駐車場(23:40着)〜車中泊
1/21(日)起床(4:30)〜元谷小屋(7:00)〜弥山尾根取付(8:30)〜稜線(11:30)〜剣ヶ峰(12:30)〜上宝珠越(14:10)〜元谷林道(15:00)〜駐車場(15:30)
<Memory>前夜発、車中泊の多忙サラリーマン形態で起床。軽く朝食をとりながら湯を沸かし熱いミルクティーを2本のテルモスに注ぐ。登山届けを提出し星空の下、ヘッドランプの明かりで大山寺から元谷へと向かう。元谷小屋が見える頃には明るくなり、北壁全体がパノラマ画像となる。小屋から3人パーティーが出て行くのが見えた。小屋左元谷沢から弥山沢へとつめて行くと先程のパーティーのトレースも同じ方向に向かっていた。視界が良く大屏風岩、小屏風岩、別山など一望できて頭の概念図と照らしあわせる事ができた。雪が少ない。
取付きにて
■弥山尾根の取付きにて。先程のパーティーと一緒となる。岡山労山の方でした。後ろには別山に向かうパーテーが見えた。今日の弥山尾根は自分たち含め2パーティーのようだ。ここで登攀準備。先着順で岡山労山パーティーが取付き、すぐ後ろをトレースさせてもらう。
下部のブッシュ帯
■先着で先行するパーティーと別山を眺める。
尾根下部はブッシュの雪壁と言った感じだが例年より雪が少ない様子でブッシュも多く登り難い。弥山沢側を這い上がる感じで、下手に尾根上に出ると一段と悪い。
別山
■右を見ると弥山沢をはさんで幻のカンテ・バットレスと手が届きそうな程すぐそこに見える。
中間下部に見える3つの黒い点がバットレスに取り付いているパーティー。そのスケール感が良く解る。
木登り
■細いブッシュをひっぱって確認しながらの木登り状態。あまり恐怖感はないが不安を感じたら枝に支点を。
核心部か・・。
核心部か・・
■このあたりが弥山尾根核心部と思われる。尾根伝いに乗越すところ。バランスを崩さないように登れば問題ない。不安があれば迷わずスタカットへ。以前、中地協の救助訓練でマロンウォールに中吊り役となった自分を安達さんに救助されて以来、CL安達さんのロープの端に自分が繋がっていると言う安堵感は大きい。適時アドバイス頂いた。
先行パーティー
■このあたりから尾根の左側にルートをとり、傾斜も増してくる。下部程ではないもののやはりブッシュが邪魔をする。
雪稜
■このまま後方をトレースさせてもらってはラッセル泥棒になってしまうので中間部あたりで、佐伯・広島労山隊に先行させてもらい新しい弥山尾根をトレースする。上部は雪稜。
別山
■別山も目線となり吊り尾根が見える。

■快適な尾根となる。
縦走路
■11:30弥山三角点に飛び出し、とても気持ちが良く、好天もあいまって思わず遠慮気味万歳プチ登頂気分でこんな画像となる。

■午後の天気は下りだが十分持ちそうなので早々に縦走に取り掛かる。
縦走開始
剣ヶ峰
■縦走路はリッジ状。でも夏よりは歩き易いのかもしれない。
団塊の雄姿クライマー
剣ヶ峰小休止
■剣ヶ峰にて小休止。弥山方面を見る。
剣ヶ峰
■剣ヶ峰の方位盤。
縦走路下り
■剣ヶ峰からはワンステップ幅で平均台を曲げて急坂にしたみたいな下りとなり、つまずき厳禁。


■天狗が峰付近より。虹が太陽の回りに輪になっていたが、画像には写らず残念。
<Summary>三角点のある稜線に飛び出す弥山尾根は優しいイメージだがとても気持ちがいい。さらに縦走できたので充実した山行となり、とても良いルートだと思う。槍尾根との分岐や宝珠尾根への下り口は視界が悪いとわかり難くそうだった。また急なリッジの下りとなる。
今回は取り付きから上宝珠越までコンテにて登攀・縦走。弥山尾根下部の待ち時間にブッシュにてセルフビレイを取った。その他に、ビーコン装着とスノーバー×2を携行した。
<Route Data>弥山尾根 3時間。
北壁<概念図>
■概念図と今回のルート(ブルーの点線)

<photo/報告 HWAC金澤>
posted by: 管理者 | アルパイン | 10:10 | - | - |-
前穂高/屏風岩東壁・雲稜ルート<平成18年8月>
前穂高岳北尾根の末端に位置し、横尾から垂直にそびえ立つ屏風岩は幅1000叩標高差600叩J羚睿∧で最大のスケールを誇る。中でも最も急峻な東壁の初登ルートである雲稜ルートはフリーが多く、硬い岩と高度感満点の穂高を代表する好ルート。
今回、その屏風岩が長年の懸案であったと言う経験豊富なリーダー安達氏をはじめとするメンバーに加えて頂くことになった。岩に向かう姿勢と気合、登攀、絶景とともにロープを伝わる響きは大きかった。
東壁ルンゼ
・最終ピッチの東壁ルンゼ上部
屏風岩東壁 全貌
・屏風岩東壁全貌(画像クリックで大きくなります)
<Date>2006年8月18日(金)〜21日(月)
<Member>CL安達(佐伯山の会) SL吉川(HWCC) 小形(佐伯FHC) 金澤(HWAC) 以上4名
<Route>横尾〜T4尾根取付き〜T4〜雲稜ルート終了点〜T4〜T4尾根取付き〜横尾
<Time>■8/18 (雨)廿日市IC(21:35)
■8/19 (晴れ)清見IC(5:00)〜アカンダナ駐車場(6:30)〜上高地BT(8:00)〜横尾BC(11:30)〜偵察〜打ち合わせ
■8/20(晴れ)起床(3:00)〜横尾BC(4:00)〜旧岩小屋(4:30)〜T4尾根取付 (5:20)〜T4(7:30)〜扇岩テラス(9:30)〜8P終了点(13:30)〜下降開始(13:50)〜T4(15:40)〜T4尾根取付(17:00)〜横尾BC(18:40)
■8/21(雨)起床(5:00)〜横尾BC(6:00)〜上高地BT(9:20)〜高山西IC(15:00) 〜廿日市IC(22:30) ※(AM上高地気温19℃、PM横尾気温24℃)
<Memory>
台風10号ウーコンのおかげで出発日まで西日本は大荒れ模様。北アルプス上空も不安定な状態ではあるものの幸運にも登攀当日はとても天気がよく、雲稜ルート登攀に取付く事ができた。
初日、登攀用具に幕営用具一式を皆で担ぎ横尾をベースとする。なだらかで心地よい上高地〜横尾までの道も25kgのザックと運動不足の身体にはこたえる。後ろからゴムでつながれているようだった。
横尾谷より
・涸沢へ向かう横尾谷の道すがら左に大きく見える屏風岩。空身となり重力に逆らって宙に浮きそうな身体を押さえ、明日の行程である横尾谷の渡渉点と1ルンゼの押し出しまで偵察に行く。
渡渉点
・渡渉点、水量は問題なさそうなので徒渉せずに渡れそう。水が冷たい!落ちて濡れたくないなぁ・・。
一ルンゼ押し出し
・1ルンゼ押出し。明日はここをぴょんぴょんと渡る・・予定。テン場に戻り打ち合わせと明日の登攀用具の準備を済ませ日没とともに寝る。明日の屏風は貸切のようだ。

・翌日AM4:00発「熊出没注意!」ヘッドランプの明かりで無事に沢を渡り1ルンゼをつめる。次第に傾斜がきつくなりガラガラのルンゼから右に踏み後をたどる頃には明るくなり雪渓の残るT4尾根の取付きに着く。
T4尾根下部岩小屋
・1ルンゼ押し出しの途中にある岩小屋
T4尾根取付き1P
・T4尾根は元蕕隆箴譟ここでロープを出し実質登攀開始となる。T4までブッシュ帯含め約4P。上には樹林帯が見えるものの、容赦なく石が飛んで来るので注意が必要。
T4尾根取付き
・T4尾根1P目
T4尾根2P
・T4尾根2P目の凹角。2P目を終えると草つき帯へ入りコンテで100m程登るとT4直下の露岩チムニー下へ出る。
T4尾根最終ピッチ
・T4直下の30m露岩チムニー
T4
・T4に到着。ここからがいよいよ雲稜ルートの本番
雲稜ルート1P
・50mロープいっぱいに延びるディエドール。いきなりストレートパンチをくらったように直上する大凹角。上部に行く程傾斜が増し、最後はかぶり気味となり圧迫される。じっくり観察し確実にロープを延ばす小形氏、気合を感じる。
雲稜ルート1P
・中上部と最後の右テラスに出る部分がムーブチックとなる。背後にT4尾根と1ルンゼ横尾谷の景色が広がり高度感が増していく。開脚し足をつっぱり大胆に登るディエドール登攀のお手本、安達氏。
・2P目40mは右上の小ピナクルを越えてビレイできそうなテラスから少し右へトラバース。右に一歩出て細かいフェースを登る、この下がり気味トラバース風の一歩は怖い。ロープの流れが悪く扇岩にさえぎられるせいか声も届きにくい。さらに上のピナクルへ右上し階段状草付きを左上し扇岩テラスへ。
扇岩テラスにて
・人が横になれる程の広さがある安定した扇岩テラス。
水分補給
・夏の屏風は暑い!
扇岩テラス
・扇岩テラスにて
東稜ルート
・右に東稜ルート方面を見る
gogo3P
・3P目、ここが雲稜ルート核心部。リングボルトの連打された初登ルート。この垂壁を登らなくてはならない。レストを入れ不安な支点にはナッツのワイヤーを掛けながら慎重にロープを伸ばす小形氏。
3P核心部
・お尻の丸いワッペンはNHKアニメ「でこぼこフレンズのけんば〜ん♪」
リングの無いボルト
・リングがないリングボルト、代わりに細引きのようなスリングがたれている。下の方に新しいスリングが2本くらいあったが朽ちて切れそうなものもある。ボルトは錆びて岩から出てチップが見えそう。
3P核心部 
・ルート図による35mのピッチだが実質25m程の垂壁、A1、人工登攀アブミの架け替え。このピッチのために自分の休みに合わせてアブミの練習に付き合って頂いた「でこぼこフレンズ・けんばーん」吉川氏には頭が下がる思いだ。練習して来てよかった。
3P
・左にはこのルートで唯一見たハンガーボルトが2本。触ってみた。ハンガーがくるくる回る。フリーで5.11+のルートが延びる。
3P核心部終了点より
・核心上部、アブミが並ぶ。


4P
・4P目10mハング下までA1は(岩がはがれそう)から右へトラバース。
トラバース
・4P目ハング下のトラバース↑の右端のロープがトラバース道。ハング下のバンドに這い上がりトラバースをほぼ終えた所で、ぶらさげたままだったアブミが岩に引っかかり前進不能となる。このガイドブックにも必ず載ってる高度感を味わえるトラバースで壁にはりついたカニのあと戻り・・をカニのまま経験した。
4P終了点より

4P終了点より

東壁ルンゼへ
・5P〜7P東壁ルンゼに入り草付きのフェースを直上する。スラブから左に傾斜した脆いクラックにはキャメ。7P東壁ルンゼの高度感のあるスラブを登る。今回の下降点はもうすぐ。しっかりとした支点がある。ここで登攀終了とし、同ルートを下降した。
東壁ルンゼ
・東壁ルンゼ上部。下降はほぼ50mの懸垂下降を5回繰り返しT4へ降り立った。4回目の下降点で少しはずれ、捨てスリングを掛けたが、しっかりした支点が続いていたので下降用と思われる。引き続きT4尾根を3回程懸垂下降し草つき帯はロープをたらしながらクライムダウンした。ガクンガクンになった足でルンゼを下り横尾テントに戻った時にはあたりは薄暗かった。
翌日は雨のため予定の東稜ルート登攀は中止となる。
<Summary>
最近はあまり登られていない印象を受けた。いかにもクラシックなイメージで新しい支点は中間部あたりにスチール色のハーケンが1本。その他黒く錆び折れ曲がったりリングがないものも多い。今回ストレートパンチをくらった自分の中では多くの課題を残す登攀となったがメンバーの皆さんに支えられ、新たな響きを頂く事ができ、記憶に残る登攀となった。
トポ
<Route Data>ピッチ最高グレード検A1(5.11)標準タイム3〜5時間(T4〜登攀終了点)
初登1959年4月25日東京雲稜会/南博人、多久長、石橋俣男、4回のビバークを経て屏風岩の頂上に立つ。開拓に使用したボルト38本、ハーケン65本。
「僕にはいたずら心があって、東壁ルンゼだけどルート最上部のへの字ハングの出口にミニチュアのアブミと南部風鈴をぶら下げたんです。抜け口の一番つらい所で、すると屏風でビバークしていると風鈴の音が岩壁全体に響きわたる。夏の夜なんかそれはおつなものですよ。残念なことに誰かがボルトを折って持って行っちゃった。分かってないね」東京雲稜会/南博人氏の言葉。
屏風岩を背に
・屏風岩を背に
「横尾のサルと絶壁に咲くダイモンジソウ」
・横尾で出会ったサルと扇岩テラスの絶壁に咲くダイモンジソウ

・おなじみミーハーな絵図

<報告/HWAC金澤>
posted by: 管理者 | アルパイン | 21:46 | - | - |-
前穂高岳北尾根<平成18年5月>
登山史に輝く日本を代表する尾根とクラシックというにふさわしい名ルートに感動と思い出をありがとう
この尾根の初登攀は夏冬ともに慶応大学山岳部による。積雪期は1928年1月。その直後、同山岳部に属し日本の登山の黄金時代に活躍した大島亮吉が4峰から涸沢側に転落死。大学山岳部を中心とする日本アルプスのアルパインクライミング史に北尾根はその魅力と事故の悲劇により一層名をしらしめることになった。「山へ行け!君がその憂鬱のすべてをばルックザックに入れて・・・」大島亮吉
そんな思いをめぐらせ念願の北尾根に・・・。
前穂高岳山頂にて
・前穂高岳(3090m)山頂にて
上高地〜慶応尾根〜8峰〜北尾根〜前穂高岳〜岳沢
<Member> 4名
CL 小林(佐伯山の会) 吉川(HWCC) 森村(HWCC) 金澤(HWAC)
<Time>
5/2 新村橋(9:30)〜8峰手前コル幕営(15:15)
5/3 (4:00)〜6峰(7:30)〜5・6のコル(8:00)〜5峰(9:30)〜
   4峰(12:00)〜3・4のコル幕営(13:30)
5/4 (5:00)〜前穂高岳(8:00)〜河童橋(11:30)
<Memory>
前夜発どしゃ降りの雨の中、沢渡にて車を置く。早朝の雨の上高地は観光客も殆ど見かけずカッパを着て新村橋から慶応尾根へ。尾根に取り付くも氷と腐った雪に足をとられ思った以上に時間と体力を奪われる。けれど急な登りはぐんぐんと高度を稼ぐ。幸い明日以降天気は回復予報。途中、単独ビバーク中の男性はそこにとどまり、以降トレースは無い。
慶応尾根
・ようやく日の差し始めた慶応尾根

・並年よりかなり雪が多い模様。8峰手前コルにて幕営。ガスをまとい迫力をかもす北尾根を目の前に早々に寝る。強風に何度か目が覚める。

・8峰(2631m)手前のコル

・2日目快晴、夜明け前の雪はアイゼンもよく効く。日が昇ると雪は時間とともに重く腐り、見えないクラックに乗るとクレパスのように広がり雪の斜面ごとずれる。
朝焼けの槍
・7峰〜6峰あたりから振り向けば、朝焼けの槍ヶ岳がとてもきれい。

・草つき雪稜〜リッジ〜急な雪壁へ

・6峰(2794m)あたりまで続く

・装備は軽量化最優先、ロープ(8.6mm)2本、ガチャは必要最小限度、食料はサプリメントやフリーズドライ、個人装備も軽量化優先の装備ではあるもののテントや共同装備を含めるとかなりになる。安全も最優先にアンザイレンしてコンテで登る。とは言え気持ちの問題なのかも・・・。



・後続パーティーあり

・槍ヶ岳、穂高岳、足元に涸沢の大パノラマの中、快適なリッジが続く。



・涸沢をベースに北尾根に取り付いた後続パーティー雪壁を攀じり先行する。同じく先行の男性は広島出身の方でした。広島弁は山でも強力らしい。山岳同人マーモットの方々、すばらしい登攀スピードでした。

・5峰への登り、先程の後続パーティーの2人組が見える。
5峰を攀じる
・5峰より、右後方が3峰と勘違いしていた4峰・・がっくし。
4
・このあたりになるとスリップは致命的、特に4峰はアイゼン・ピッケルバイルを確実に決めて登りたい。
3峰
・4峰より、本物の3峰と前穂高岳
やり〜〜! 
・やっぱり槍ヶ岳はかっこいい

・岩の露出した部分でピッチを切り残置支点や岩角を使ってビレイ。その他は肩がらみ確保またはコンティニュアス(同時登攀)となる。
3・4のコル
・3・4のコルにて、午後に入り雪がゆるみ、4峰の下りも注意して下る。
このまま3峰に取り付くと時間的に山頂でビバークとなりそうなので安定したコルにてビバークとする。夕日の穂高連峰がすばらしい。一望しながらゆっくり休む。
3峰核心部
・3・4のコルから3峰核心部を仰ぎ見る。

・3日目、2人ずつロープを組んで取り付く、3峰核心部を越えた上部より。核心部は3級の岩登り、アイゼンを履いての岩登りに慣れていれば問題ない。プロテクションも多い。上部凹角は雪と氷のミックス。この日は雪・氷がかなり多く付いていた感じ。右後方が4峰、人の影とトレースが見える。
2峰を下る
・3峰から2峰は細い岩稜。右は奥又白、左は涸沢へと切れ落ちる。

・写真右側の2峰の岩稜を一旦クライムダウンしナイフリッジはよちよち歩き・・・ここの方がよっぽど怖い。

・前穂高岳山頂!いえい!
槍ヶ岳と鯉のぼり
・前穂高岳山頂(3090m)にて「槍ヶ岳と鯉のぼり」

・ありがとう!
快晴の前穂高岳山頂にて写真を撮り、雪の急斜面ゴルジュ?デブリ?状態の岳沢へと一気に下る。雪につぶれたのか流されてしまったのか岳沢ヒュッテは見当たらなかった。
上高地へ下ると河童橋は観光客でにぎわい、ミーハー私的に写真におさまり帰路につく。
<Summary>
今年の北尾根は積雪量が多く初日の慶応尾根は天候・雪質ともにかなりのアルバイトとなった。その後は天候にも恵まれ慶応尾根からの北尾根を十二分に満喫する事ができた。
※この度は、ご一緒させて頂いたパーティーリーダーメンバー各会の皆さんに大変お世話になりありがとうございました。


<photo/報告 HWAC金澤>


・・・・
快適テント生活

岳沢

河童橋前

さぁ・・お家へ帰ろう・・!
posted by: 管理者 | アルパイン | 18:19 | - | - |-